アクセス解析
カウンター
あっちこっち行きたい

あっちこっち行きたい

足腰が丈夫なうちに旅行をするのよ~
0

高尾山

夫の希望で、高尾山に行ってきました。
JRの臨時便で、「常磐線→ 埼玉県経由 →高尾」という日頃あり得ない直通便を走らせてくれたんです。
旅行社を通して予約して行ってきました。

朝7時に出発。
雨が降ってるので、傘2本リュックに入れ・・・・・
駅の駐車場に着いた時は雨が上がっていたので、傘を置いて行こうと思いつつも出し忘れ、そのまま持参。

列車は、かつての(今は引退?)特急車両。
足元も広く快適。
高尾駅から1駅だけ別路線に乗ったけど、楽チンに高尾山のふもとの駅に着いちゃった。
そこからケーブルカーに乗って、山の中腹へ。
スマホをリュックの中に入れたので、ここで初めての写真。
タコ杉。
昔、道路をつくる時に杉の根が邪魔なので「切るか!」と言われたときに、一夜にして根を邪魔にならない方向に自ら丸めたとか・・・・
2017-05-27 11.08.07

それで、皆さん開運を求めて木を触りまくるので、木が傷み始めた。
木の代わりに触って頂戴と、このタコちゃんを設置。
2017-05-27 11.08.31


そこをすぎると、道が2手にわかれる。
急な階段(108段) と 緩やかな回り道。
私たちは階段の方に行きましたわ。(ピンボケですまん)
2017-05-27 11.13.20


階段の後に、仏舎利塔に続く階段。
あら、工事中。
本来のお姿はこちら
2017-05-27 11.17.29


薬王院
2017-05-27 11.29.46


頂上でお弁当。
旅行社で用意してくれたお弁当。
私が2人分背負って運びましたわよ。
おにぎりとから揚げとたくあんという、超シンプルなお弁当なのに、すっごくおいしかった。
2017-05-27 11.47.42


高度計アプリを使って撮影。
富士山は見えない。
展望所は山頂からちょっと下がってるので、582m
2017-05-27_11_59_33.jpg 


下山は、ワイルドな道を選択。
雨上がりで滑って怖かったけど、吊り橋の所に出た時は爽快感。
2017-05-27 12.32.05


2017-05-27 12.32.41

お天気も良く、暑すぎず、ハイキング日和でしたわ。
夫は、「泊まらないと物足りないな」ですって。




0

台湾 終わりに


出発間際に、「予定の飛行機が飛ばない」と知らされ、本当にびっくりしたけれど、タイガーエアーがチャーター企画を引き継いでくれたので無事に行ってこられました。
旅行社には全く非はないのに、お詫びの言葉を頂いて恐縮です。

ただ、茨城県、(或いは茨城空港)から、何らかのコメントがあるかと思っていたのにスルーされて残念。
出発時に何のアクションも無かったので、せめて帰国時には
「今朝は2時半から行動させて済まなかった。眠気覚ましにコーヒーでも飲んで行って」とコーヒー券を配布してくれる妄想を描いていたのになあ。

そういえば、チャーター便の新聞記事。出発便のことを1行も書いてない。
空港の利用促進事業の一環なのでしょうから、嬉しそうに出発する人たちのことも描いて欲しかった。
img009.jpg

でも、茨城空港は便利なので大好きです。
今後も茨城空港発着のツアーやチャーター便があれば、参加しますわよ。

5月4日にケンミンショーで茨城空港の紹介をしたけど、当日は見られず。
帰宅してから、見逃し配信のサイトで確認。

この撮影のエキストラ募集してたのね。
出演したかった・・とは言わないけど、ロケ風景を見たかったなあ。(済州島に行く前日だったもよう)



検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に台湾旅行記をお読みいただけます。

0

台湾 4日目

 出発の朝
午前2時半 モーニングコール
3時にロビーに降りていくと、ガイドさんが朝食の弁当を配っている。
空港に行くだけなのに今日も付き合ってくれるのね。早朝から大変だわ。
(1泊・2泊目は同じホテルに泊まったけど、昨夜はここじゃないのでは?)

3時15分にバスに乗り込み、すぐに朝食boxを食べる。
持ち帰れないから、必死に食べる。
2017-05-07 04.12.12

 空港
飛行機の手続きをして、出国審査手前までみんなで歩く。
そして、ガイドさんが堅苦しい挨拶などせずに・・・・・・
「では、ここで、旗の持ち手が変わります」と、ツアー旗を添乗員に渡す。
ぞろぞろと、ロープの内側に進んだとき、ロープの外と中で、ガイドさんと握手を交わしてお礼の挨拶。
いや~、この別れ方がじ~んと来ちゃって、後から思い出しても、うるっと来ちゃう。

セキュリティゲートは2か所しか開いていないので、長蛇の列。
搭乗開始時刻も迫ってる。
夫はトイレに行きたいのに焦る。
搭乗口に向かう時、両替機が見えたけど、女の子が3人いたので、そこをパスしたら・・・・
両替しないまま搭乗することに・・・・・
また行けばいいということか。
小銭は全部、ホテルの枕に置いてきた。90元くらい(360円)あったかな。

 搭乗
また2人きりで座れた。
というか、受け付け順に、席を割り振られた感じ?
夫婦で通路を挟んだ人もいて、私たちは、DとEで、窓側のFが空席。
うちのツアーも空港に着いたのが最後で、その中で私たちが最後だったわけで、私たちの後ろ3列完全空席。
後ろの席を使わせてもらえたのでゆったり座れた人も。


上昇してすぐに。機内食。
まだ6時半・・・・さっき食べたばかり

2017-05-07 07.40.19
ビーフン弁当。
まだおなかはすいてないけど、おいしかったので完食。

 茨城空港
日本時間の9時半に着陸。(台湾時間で8時半)
2時間40分で着いちゃうのね。

空港駐車場では、ツアーの皆さんご挨拶合戦
まだ駐車場前の道路を歩いている私たちにも手を振って「どうもね~」挨拶が飛んできた。
今回のツアーも温かい人ばかりだったものね。


 帰宅
さあ、恒例の旅の終わりの夫の名言。
「2泊3日だと、あっという間だったな」
「いや、3泊4日だったよ」
「え? 3日も泊まったのか? あっという間に終わっちゃったから」
確かに、あしかけ4日だけど、実質3日だったからね。

毎回、物足りなさを訴える夫。
もっと、じっくり泊まる旅行がいいのかい?




検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に台湾旅行記をお読みいただけます。

0

台湾 3日目

 朝食
20170506081753664.jpg 

ビュッフェの種類が豊富で、食べたいものだけ遠慮がちに集めてこのボリウム。
スイカのしたにも、目玉焼きの下にもいろいろあるの。

こりゃ食べきれないかもと思ったのに食べちゃった。


 高雄港や市内を見下ろす高台にある公園[寿山公園]、

2017-05-06 09.54.01

2017-05-06 09.43.50



 民芸品店でのショッピング
このあと新幹線移動があるので、ここでは荷物は増やさない。
ガイドさんが、「頭の老化を防ぐ石」のことを言ってたので、そのコーナーを覗いてみた。
最初に出したネックレスとブレスレットのセットで、80万と言うので、断ったら、だんだんやすい物を出してくるんだけど、細いブレスレットでも8万。
「ムリムリ」と逃げた。

 台湾新幹線にて台北へ
乗車時に配られた駅弁。
見た目は機内食にそっくり。
でも、ニオイがダメだった。臭豆腐? 八角?
お肉の部分だけかろうじて食べたけど、他は全くダメ。残しちゃった。
2017-05-06 11.57.10

隣に座ったのは、クジではずれて、ご主人と離れて座ることになった方。
食事の時2回も同じテーブルに着いたことがあるので話もしやすい。
この方、韓国好きで10回も行ってきたとか。
韓国旅行の話で盛り上がっちゃった。

新幹線内でトイレを済ませておいて、台北到着後は直ちに移動開始。
今日の午後は忙しいのだ。

 蒋介石を偲んで建てられた[中正紀念堂]
2017-05-06 13.55.05

ちょうど、衛兵交代式の時間に到着したので見られた。
退場する時は目の前を通ってくれたし。
2017-05-06 14.11.53

 民芸品店と茶芸店
ガイドさん曰く、「入口近くのパイナップルケーキが一番おいしい。バラマキ用には安いの買っても良いけど、自分用にはおいしいのを」と言ってた。
そのおいしい高級タイプを1センチ四方分試食したんだけど、(個人的感想ですが)、口の中パサパサになって、私、ダメ。
飲み物ほしー。
と思ったら、買い物前にお茶セミナー。
ウーロン茶や、プーアール茶の効用などを説明しながら試飲。

2017-05-06 14.42.08

このプーアール茶は、臭くないので1つ買って行こうと思ったら、
2017-05-08 09.55.08
6個セットを買わされましたよ。
「痩せるから、痩せるから」としつこく言われましたからね。

ここが最後の買い物チャンスとのこと、ご近所や娘にお土産をそろえる。


 忠烈祠
本当は、明日ゆっくり見学する予定だったけど、飛行機時間の変更でやむなくこの時間に。
衛兵交代はさっき見たので、入り口で写真撮影して終わり。

2017-05-06 15.34.45
目をカッと見開いているのに、瞬きをしてないの。
夫は、人形だと信じて疑わない。


 世界4大博物館のひとつ[故宮博物院]
ヘッドホンでガイドさんの声が聞ける。
ガイドさんも事前に勉強しているそうで、説明が上手。
そして、今は、館内の写真撮影が許可されている。
ハイ、あの、世界的に有名なヒスイの白菜です。
待ち時間なしで、この部屋に入れました。
こんなに小さいとは思わなかった・・・
2017-05-06 16.14.02

後半、自由時間になったものの、集合場所がわからなくてアタフタ。
階段のこっち側だと思ったんだけどー・・・・
その時、同じツアーの人を発見、こっそりついていくと、もう1階下に、集合場所があった。
2階を1階だと思い込んでウロウロしてたのねー。

 九フン
九分に向かう途中から雨が降り出した。
雨が降ってたけど、階段の上まで登ったよー。

2017-05-06 18.36.38

2017-05-06 19.08.13

登る時は、傘もぶつからず、自分の歩くペースで行けたけれど、降りるときは大渋滞。
集合時間が心配になったほど。


 「九戸茶語」にて「郷土料理」

2017-05-06 19.09.19
階段中腹の店で食事。
こんな有名な店をGW中によくぞ予約がとれた!
と思ったら、空席もあってすいてた。

さて、料理・・・・・

あれ? お皿の盛りが少ないような??・・
遠慮しながら取り分ける。
トウガラシばかりで、肉が少しの料理もあった。
トウガラシを避けて取りつつも、取ってしまった乾燥トウガラシの輪切りは、口に残って呑み込めない。
催促しなければ、代わりの小皿を持ってこない。
数皿食べたころ、「次はデザートをお持ちします」
隣の人と、「もう終わり?」と、顔を見合わせた。
満腹度60%かな。



 ホテル
デラックスホテル「シェラトン・グランデ・台北

ホテルに着いて、お風呂に入って荷物を整理したら、9時半。
明日は2時半にモーニングコールが鳴る。
もう寝なくちゃ。
せっかくの高級ホテルライフを満喫する間も無く、ブログも書かずに寝る。


検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に台湾旅行記をお読みいただけます。

0

台湾 2日目


 ホテルにて朝食
2017050508003927d.jpg

朝からがっつりいただきましたよ。
中華饅頭もあったけど、とりあえず、パンを。
果物コーナーにグァバもあったので食べてみた。
(りんご+大根)÷2=味の薄いりんご  というところかな


 巨大な金の布袋様の像で有名な宝覚寺
20170505215454373.jpg

2017-05-05 09.19.46
これは、手の届くところにある、ミニチュア版。
御利益の欲しい場所を触るといいらしい。
私は「へそくり」が貯まると言われる、へそを触ってきた。

2017-05-05 09.11.44


 中部台湾を代表する景勝地・日月潭
20170505215725bd5.jpg

 文学と武道の神を祀る文武廟

2017-05-05 10.57.39

2017-05-05 11.00.21

2017-05-05 11.04.10

2017-05-05 11.16.28

2017-05-05 11.24.47

特別に意味は無いけど・・・
2017-05-05 11.00.04

台湾のお寺で願い事をする時は、「自己紹介」してから、お願いするんだよー。


 ラテックス寝具店でのショッピング
店が工事中で立ち寄り中止。
ここはコース上の難点だったので、正直、助かったー。
高価な寝具なんか買えないもん。店員から見えないように隠れていようと思ってた。


 昼食は「郷土料理
ビールを飲みたかったけど、次に停まる場所まで1時間半とのこと、やめておいて、マンゴーの生ジュースを注文。
これがおいしかった。氷さえ入っていない100%ジュース。


この後、南下して、北回帰線を通過。
ここから熱帯地方となる。
暑い暑い。


 オランダ人が築いた要塞で台湾最古の建造物[赤嵌楼(ツーカンロウ)]
2017-05-05 15.21.59

2017-05-05 15.41.37


 鄭成功を祀った廟[延平郡王祠
鄭成功の母親が日本人なので、日本人参拝者も多いとか。
2017-05-05 16.04.25


 大きな口を開けた龍と虎の像「龍虎塔」がある[蓮池潭公園]、

ラテックスが中止になったので
明日の予定を繰り上げて、蓮池潭へ

2017-05-05 17.24.02

龍の口から入って虎の口から出ると縁起が良い。

2017-05-05 17.26.38

2017-05-05 17.26.54

龍側の塔は上まで登ってきましたよ。 汗だくで。
良い景色でしたー。
2017-05-05 17.29.54


グーグルマップで上空から見ると、橋がジグザグになっている。
悪魔は直進で進むので、曲がり角を多くしたんだって。
toraryuu.png


 夕食は港町・高雄にて「海鮮料理
海鮮とはいっても、刺身など生ものはでないらしい
海老とシシャモは出たけれど、あとは、海鮮っぽくなかったかも。
20170506084949f3b.jpg

2017-05-05 18.43.54


 オプションで愛河クルーズ
20170505220113ee9.jpg
カラフルなライトがきれいだった。


 六合夜市
2017050522025086b.jpg

ガイドさんが主要な店を紹介したあと自由行動。
私はゆっくり見たいのに、夫はずんずん歩いて行っちゃう。
胡椒餅の所で引き止めて食べてみる。
20170506070126c41.jpg

20170506070222ee7.jpg

これはおいしい。
夫は胡椒を好まないので、途中でギブアップ、残りは私がたべるしかない。
麺も食べたかったんだけどねー。

 城市商旅(シティスイーツホテル)
ワンランク上のスーペリアクラスホテル
セミダブル2台の部屋。
室内も広々。
お風呂は、浴槽の外でシャワーがあびられるタイプ。
トイレも別。


2017-05-05 21.26.46
マンゴー、レンブ、釈迦頭と思い込んで選んだ鳳梨釈迦
夕方買っておいたものをホテルで食べてみる。
このために、折り畳みナイフを持って行ったけど、果物屋でもプラスチックの簡易ナイフをつけてくれたのよ。

マンゴーは超おいしかった
レンブは渋くて食べられない、
鳳梨釈迦は傷みやすいんだね。ネットをかけてくれたのに、あちこちつぶれてた。
シャカトーと思い込んでいたので、手で割ってちぎって食べたけど、きれいにちぎれない。。

手がベタベタで写真は撮れなかったけど、おもしろい食べ方だわ
甘くておいしいけど、1ちぎりずつにタネが入っているので面倒。

帰宅してから、釈迦頭ではなく、鳳梨釈迦と気づく。
釈迦頭はこっちだった。




検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に台湾旅行記をお読みいただけます。

0

台湾 1日目

 出発
朝、8時に出発。
空港まで40分なので、9時20分の集合時間には余裕余裕。
駐車場もチャーター便参加者用にスペースが確保されている。

 茨城空港
20170504210157d81.jpg

おっ、一週間前の決定で横断幕の作成、間に合ったのね?!
横断幕の向こう側は、国際線カウンター。
私たちの手続きが済んだ後は、ガラガラ。ゴールデンウイークの空港とは思えないでしょ。
これがいいのよねー。

栃木、群馬のゆるキャラも見送りに来てくれた
ぐんま君の元気が無いけど、大丈夫か?

2017-05-04 09.36.09 

今回のチャーター便記念品は、どら焼き、いちご饅頭、ペン、ウエットティッシュ、うちわ、クリアファイル
うちわは正解だったかも。
活用していた人が結構いたね。

2017-05-04 10.21.22 

空港のセキュリティゲートが新しくなって、ボディスキャナーが導入されていた。
夫は事前に、ペースメーカー装着であることを申告。
係員「ペースメーカーに害はないので、ここを通っても良いし、ハンドチェックでも良い。どっちにする?」
私は後ろから、「通っても良いんだよ」
夫は迷ってるので、結局ハンドチェックに。

タイガーエアーは、トラ柄の尾翼とエンジンがステキ。
CAさんのベルトもトラ柄でした。
2017-05-04 10.36.24 

 機内
3×3のシート配列。
前から2列目の席で、通路側にだれも座らず、2人でゆったり。

いや、私の横にバッグを置いてた人が、前の席に移動したのかもしれない。
彼は3人掛けの真ん中に1人で座ったのだけど、常時動いていて落ち着きがない。シートの隙間からチラチラ見えてこっちも落ち着かない。
彼は、自分の席の日よけをおろし、
2017-05-04 13.43.25
私たちが半分以上確保している窓(背もたれの厚みを考えると、前の席にはほとんどかかっていないと思われる)の日よけも降ろしてくれちゃった。直射日光が入る角度でもないのに。
10分くらい我慢したけど、開けちゃった。
すると、背もたれをガツンと倒してくれたわ。
漢字ばかりのペットボトルを持っていたから、あちらのかたなのでしょうね。

2017050420592600c.jpg
機内食は、大きなお肉がドンと乗っておいしかった。
でも、ナイフが無いので、噛み切るしかなかったけど・・・
飲み物は別料金と言われていたけど、ジュースもコーヒーも無料で出してくれた。

 台北着
3時間のフライトで到着。予定よりかなり早い
レンタルwifiとスマホはすぐにつながった。
タブレットは、ホテルに着いてからでいいや。

バスで台中へ
バスは3列シートなのでゆったり。ドアも2か所あるので乗り降りがスムーズ。
バスの絵柄も可愛い。(中央部、ドアが開いてるのでそこは見えないけど)
2017-05-04 17.47.44


ガイドさんは、中山秀征に似た男性。
ユーモア性と知性に感心
ツアー客の顔と名前を確認してすぐに覚えて、客のいじり方もうまいの。
観光地の案内だけでなく、心も通わせている感じ。

 カラフルな壁画が美しい[彩虹眷村](ツァイホンジュアンツン)
飛行機が早く着いたので、明日の予定をひとつ前倒し、虹の村へ。
塀も家の壁も道路も楽しい絵がいっぱい。
94歳のじいちゃんが、描いたもの。

ここは、旧兵舎で、撤去準備が進んでいたそうな。
撤去に抵抗する意味で絵を描いたら、撤去を免れたので、どんどん描きすすめたら人気の場所になったとか。

グッズ販売も大盛況。
私もメモ帳欲しかったけど・・・・

2017050421043115d.jpg

2017-05-04 17.37.09

2017-05-04 17.40.02 

 夕食
夕食は少数民族「客家」の郷土料理「客家料理」
大皿が次々に運ばれて来るので写真撮れない。
どの皿もおいしく、量も多い。
豆腐料理や、水菜のスープはおいしくて3杯飲んだ(注・私だけじゃないですよ)

コース外オプションの杏仁豆腐もおいしかった。
甘さ控えめ、これがホントの味かな?

2017-05-04 18.59.15 

 麗加園邸酒店(リーチア ロイヤル ガーデン ホテル)
ホテルに着いてすぐに、タブレットをホテルのwifiにつなげた。
ブログを書こうとしたらログアウト状態になっている。
インしたら、また「怪しい環境なので、認証コードを入力せよ。コードは夫君のパソコンに送った」とでる。

済州島の時これで失敗したので、今回はメールを読めるようにパスを、控えておいた。
なので、このブログにログインできたけど、明日のホテルで同じことが起きそう。
今のうちに、レンタルwifiの方に繋ぎ直しておこう。
タブレットはホテルでしか使わないんだけどね。

ホテルは広くてきれいだよー



    

検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に台湾旅行記をお読みいただけます。

0

台湾計画

もし・・・・万が一・・・・茨城空港発着で・・・・台湾便が企画されて・・・・
台中、台南の方も観光できるツアーが発売されたら・・・・・行ってみたいなあ・・・・・・
(去年あったけど、帰りの便が早朝すぎるので、気が乗らなかった)

と、思っていたら、チャーター便が出ました。
飛行機の時刻もちょうどいい!
珍しい形の飛行機だ。
これ、いいなあぁぁ。

でも、3月に済州に行った直後であるし、田植え時期でもある。
独り言をつぶやく感じで、夫に言ってみたら、
「田植えなんか日にちをずらせるだろう」ですって。
ちょうどその日の夜、テレビで台湾の絶景特集をやったいたので、それとなく夫にも見せておいた。
夜景のきれいな九分の映像も見入ってたし・・・

よし、行こう!!
予約してしまった。
29年5月4~7日

このチャーター便には、旅行社は5社が参戦
台南を回るコースが2社ある。
2社とも会員登録してあるのでどちらでもいいけど、コース取りや九分に行く時間帯を考えて、久米島・宮古島ツアーでお世話にな読売旅行に予約。


しかし、4月22日に、旅行社から速達が・・・・・・
最終日程表かなと思ったが、薄すぎる。
ドキドキしながら開封・・・・・・・・

航空会社と旅行社からの文書。

【遠東航空】      【旅行社】
img007.jpg  img008.jpg

予定の飛行機が飛ばないことになったということだが、旅行社の文書は前向きで、代わりの飛行機で行けそうな雰囲気だ。
でも、すぐに見つかるのかな?
ネットで調べたり質問サイトで聞いてみたり。

やはり、「急に他社も対応できない」 「茨城空港に着陸する資格を持った会社やパイロットが必要」 「中止でしょ。気を落とさないで」という回答ばかり。見通しが暗い。
私も、中止を覚悟で、旅行準備も中断。

4月26日夕方、旅行社から電話・・・・
私はてっきり中止の連絡かと思って、無愛想に応対。
ところが・・・・・
「代替えの飛行機が決まりましたので、取り急ぎ口頭連絡を」と言う。
「え、本当ですか!! 行けるんですね」と大興奮。

要旨をまとめると
タイガーエアーで行けることになった。
LCCだが機内食は無料で提供され。
飲み物は有料だけど、往復分の2000円を「運行中止となった航空会社」が出す。
更にお詫びに1万円返金。
ただ、帰国便が朝早い(5:50発)ので、4日目の観光を3日目に移行
3時ころホテルを出るので、朝食は弁当。


と告げられた。

最後の夜は台北でも指折りの高級ホテルなのよ。
ここの朝食を食べられないのは残念。

でも、行けることに感謝!!
よかったですー。

0

済州島 3日目

 朝食
ウニワカメスープ
スープが丼で出てきた。
「ご飯をスープに入れてもいいですよ」とのこと、混ぜてみたらおいしい!
2017-03-20 08.21.59


 買い物
ここで最後の買い物タイムとのこと、バッグの隙間を埋める程度の買い物。
石鹸コーナーをウロウロしてると、「シミとり石鹸、良いですよ」と、行く手を阻まれた。
「う~ん、シミは気になってるけど~」
後ろからガイドさんまで、「それ、とてもいいですよ」
「3個セットがお得なのでこれにしましょう」と、カゴに入れてくれちゃった。

 柱状節理帯
雨が降ったりやんだり、風も吹いている。

写真じゃわかりにくいけれど、4角柱、6角柱の岩の柱が並んでるところ。
海側から見ると、くっきりはっきり見えるらしい。(遊覧船が出てる)
去年、久米島で見た、「カメの甲羅状の岩」が立体的に見られる状態。
その甲羅岩も、その形のまま地下に続いてるらしい。

2017-03-20 10.42.34


2017-03-20 10.42.51



 天帝淵瀑布

雨で霞んでよく見えない。
三段の滝とのことだけど、茨城県人は「袋田の滝は四段だぞ~」と自慢。
2017-03-20 11.18.58

橋の欄干に天女の絵が彫ってあるけど、この橋の外側がとても素敵らしい。
撮れるところまで行けなかったので こちらを参考に
2017-03-20 11.19.49



 昼食
サムゲタン

鳥が1羽丸ごと入ってる。 一度食べてみたかった。
自分で塩味を調節できるけど、中盤から苦しくなる。
おかずを適宜乗せて食べれば最後まで飽きずに完食
2017-03-20 11.45.45

済州の食事7回は、どれもおいしかった。
ソウルより辛くないからかな。胃にもたれず、胃薬の世話にもならなかった。
テーブルが4人掛けなので、食事のたびに仲良しになり、話も弾む。
最終日には和気藹々の食事光景でしたね。

食事時の追加注文は、韓国ウォンでも日本円でもOK
しかも5000ウォンが500円で計算も楽チン

 空港
免税店以外の買い物は、税金が戻ってくるので手続きをするように言われ、「少額でしょ?」と思いつつも、レシートを提出。
ドルか韓国ウォンか選べるけど、ウォンでもらうことに。
13000ウォン(約1300円)戻ってきた。
次回、また使おう(?)

旅行前に済州空港を調べていたら、中国人のゴミ問題のことが書いてあった。
彼らは、箱を捨てて中身だけ持ち帰るらしい。


今は中国人団体は少ないものの、やはり、その現象はあるようで、「中国人用荷物再梱包スペース」が用意されてた。
囲いの隙間から覗いたら、まさにその状態だったわよ。

 搭乗
席は、往路と同じ最前列。 足、のびのび~
もしかして「並び席確約」の追加料金を払ったからか、(他の皆さん、そんなの払わなかったらしい)
夫の、障がい者の安全確保で良い席にしてくれたのか?

(申し込み後に旅行社から、「ペースメーカーのことは、航空会社、現地ツアー社に伝えておく。それよりも、このツアーの参加自体大丈夫か? たくさん歩くけど?」と、問い合わせがあった。
「大丈夫、健常人より元気ですよ。何の配慮も要りませんから」と伝えておいた。

雨の中を離陸。すぐに雲の中に~
機内サービスは、おこわのおにぎり(お菓子に近い味)とマフィンと水。
カメラは棚に上げちゃったので、写真撮れず。

帰りはかなり揺れた。
今までで一番揺れたかも。

 茨城空港
茨城空港に着陸する際、一度県北の方まで行って南下するので、茨城の上空を飛ぶことになる。
茨城空港に明るいうちに着陸するのは初めてなのでワクワク。
県庁を見つけてやるぞと思ったけれど、霞んでよく見えず。
定刻に、無事に着陸。
帰りは2時間かからないから、近いよね。

徒歩でターミナルに入って、パスポートにハンコ押してもらって、荷物受け取って、税関通るまで、あっという間。
空港がコンパクトなので、とても助かる。

荷物を待つ間に、携帯の設定を日本用に戻した。
うちは、預け荷物に蛍光黄色のバンダナを結んであるので、見つけやすい。
うちの荷物が流れてきたとき、横の人たちが
「あの黄色はわかりやすくていいね」と、褒めてくれてた。

車に荷物を積んで、家路へ。
その時夫が、「平和な所だったな。もっと居たかったなあ」とつぶやいた。

の「ホントは3泊したかったけど、茨城発着の2泊を選んじゃったのよね」
夫「成田は遠いからな」
の「茨城からの済州便は年に3回くらいある。次回、自由行動タイプを申し込んで、好きな所(射撃場など)に行く手もある。行く?」
夫「あ、あぁ」

よし、夫はまた行きたいと、解釈しておこう。
韓国のお金も残ってるし!
でも、済州島は、思っていたより広いことがわかったので、個人で移動する際は時間の計算を確認しないと!

帰宅後、すぐに入浴。
体重を量るのが怖かった。ガッツリ食べたからなあ。
しかし、出発前より減っていた。(喜)


済州島序章
1日目 
2日目
3日目 →このページ

0

済州島 2日目

 朝食
アワビ粥
ホテル近くの食堂で朝食
ソウルのアワビ粥はみじん切りだったけど、ここはスライスアワビ。
歯ごたえを感じながら食べられた。

2017-03-19 08.14.22


 万丈窟 (マンジャングル)
火山噴火でできた洞窟。世界遺産

2017-03-19 09.39.41

カメの形をした岩
2017-03-19 09.46.49

地面がこんな感じ
足元を見ずには歩けない。
それでも何度もつまづいたり、足を取られたり、転びそうになった。
2017-03-19 09.41.10

この洞窟は一般公開されれるのは、1km
「体力と相談して、行けるところまで行ってみてください」とのこと。
一番奥まで行ってみた。
よし、戻ろう! と時計を見たら集合時間の23分前。
足元の悪い中急いで戻って、トイレに寄って、バスまで走ったら、ちょうど集合時間。
でも、半数以上戻っていなくて、その後、皆さんも息を切らして戻ってきた。
あと10分必要だったわね。


 サングムブリ
旧噴火口周囲が散策路として整備されているところ。
大きなくぼみ、この写真だと分かりにくいけど。

2017-03-19 11.04.25

 昼食
アマダイの焼き魚定食

2017-03-19 11.51.51

チヂミも追加注文
ふんわりしておいしかった 1500円
2017-03-19 11.55.17


 城邑(ソヌプ)民俗村
チャングムのロケも行われた場所。

2017-03-19 13.40.32

このオバチャンが説明してくれたのだけど、面白い面白い。
吉本芸人としてステージに上がっても大丈夫

2017-03-19 12.35.56

オバチャンは面白く健康管理の話もしたけれど、最終目的は健康食品の販売。
黒オミジャ茶、冬虫夏草サプリ、馬骨サプリを勧めてくる。
冬虫夏草はかやぶき屋根から発生してくるらしい。
糖尿、高血圧、内臓脂肪にとっても良いんだとか。
全員に試食させてくれた。
2017-03-19 13.15.02
そして、私に、しつこくしつこくしつこく勧めてくれる。
お勧めしたい体型だものね。(事実、糖尿、高血圧の薬は飲んでるし=白状はしなかったヨ)
でも、1瓶5万も6万もするのは、買えないよねー。



 菜の花畑

日程表では、ソプチコジ(韓ドラ、オールインのロケ地)に行くことになっていたけど、この時期は菜の花畑に案内と言うことで、行ってきました。 (今、ソプチコジは何も無いんですって)
一面まっ黄色で、きれいきれい。素晴らしかった~

2017-03-19 14.11.31



 城山日出峰 (ソンサンイルチュルボン)
菜の花畑の脇から海に出ると、思わず、「うわー、スゴイ!」と声を上げた!
海と、城山日出峰の景色がすごすぎる



上空から見るとこの景色
海にポコンと突き出てる


2017-03-19 14.20.16

2017-03-19 16.10.38

山に登る前に、飲み物を買わなくちゃと思っていたのに、バスを停めたところから入場口までは売店の前を通らず、買えなかった。
団体で人数を確認していたのでそこから離れるわけにもいかず、そのまま入場。
情報収集時に読んだブログに、「ここが最後の売店」とあったので、もしかしたら、この先にあるかも・・・・
のどの渇きを覚えながら、進んだら、山の中腹に小さな売店発見。
「冷たいお水どうですか~」と日本語の声。
良かった~ 水分をゲットできた~


2017-03-19 15.08.20



2017-03-19 15.20.22

DSCN2126.jpg



 夕食
焼肉
1皿で2人分 これを食べきったあとに1人前追加(1700円) ビールは2本で800円(昨日より安い)

2017-03-19 17.39.20

網は4人で使用
2017-03-19 17.52.52-1

冷麺も1人前注文してみる。
さっぱりしておいしい。
2017-03-19 18.24.43


済州島序章
1日目 
2日目 →このページ
3日目

0

済州島 1日目

 出発
真っ青な青空!!
旅行の出発時にこんなに晴れたのは初めて!
フライト雨女返上!

 茨城空港
茨城空港は駐車料金はタダ。
どこに停めても良いのだけど、旅行社から、「済州島旅行参加者用にスペースを確保しておく」と、駐車券をもらっていた。
でも、その場所は端っこの方なので、もっと近くに停めようと思って探したものの、満車。
あわてて参加者スペースに移動。
そのゾーンの良い場所に停められた。

空港内には、空港のキャラクター、おみたんと黄門さまもいた。
今回もお見送りしてくれるのかな?

2017-03-18 08.50.56

2階の展望デッキ
いつも、雨か霧で良く見えなかったけど、今日はクッキリ。(ちょっと雲が出てきたけど)
私たちが乗る飛行機が入ってきたところ。
2017-03-18 09.00.13

チャーター便参加者に配られた記念品
クリアファイル(中に、チラシが入ってる) ウエットティッシュ ボールペン どら焼き
2017-03-18 09.13.02


 搭乗
ターミナルから歩いて搭乗。
これが好き
2017-03-18 09.44.10

席は「29のEとF」
「後ろの方だね」と、頭上の数字を確認せずに、後ろに進み・・・
ふと、上を見ると36
え? と前に戻って行くと、29は最前列。
紛らわしい配列だわ。

でも!
この席は、バシネット(赤ちゃん用ベッド)が設置できるところ。
つまり、足元が広い広い。
楽チンだったー。

ただ、この席は手荷物を足元に置けない。
携帯だけポケットに入れて棚に上げてしまったので、あとで、入国カードを書くときにバッグを取り出すことに。
でも、通路側の人に気兼ねなく立てるのも良い所。

 機内サービス
軽食にバナナとマフィンと水
10時のおやつにちょうどいいね。
2017-03-18 10.34.01

 済州島着
荷物の受け取りを待つ間に、携帯の設定をしよう。
海外パケホのアプリから設定しようとしたが、うまくいかない。
あとでゆっくりやってみよう。

2017-03-18 16.37.40

写真は、トルハルバン
石のおじさん
島のあちこちで見かけます

観光バスで移動開始!
ガイドは、キムヒョンヒさん
「年配の方は御存じのとおり、あの航空機事件の人と同じ名前です。でもあちらは「賢い」という字を使いますが、私は違いまーす」とおどけて見せた。
挨拶もそこそこに、昼食レストランに向かう。

 昼食

アワビのビビンパ
おいしかった! 廻りの皆さんも必死におこげをはぎ取って食べてたし!
写っているおかずは2人分だけど、おかわりをもらえる。
2017-03-18 14.13.43


 東門市場
ホットク(おやきに似たオヤツ)のサービス
食事直後でもおいしくいただきましたー
中にあんこが入っていて、ほんのり甘い。

2017-03-18 14.50.03

焼き立て
2017-03-18 14.50.33

このあと、市場を見学。
果物ゾーンは新鮮。魚ゾーンも清潔で、おいしそう
でも、店のオバチャンたちは、とってもおとなしいの。
売る気あるのかな? と思っちゃうほど。
観光客は生ものが買えないから、無理に売り込まないのかな。


 トケビ道路
上り坂に見えて、実は下り坂
去年、久米島で見た、おばけ坂と同じ。
やはり、バスの実験と、自分で歩いて確認。
かなりの登り坂に見えるけど、下ってた。

バスがトケビ道路を出発して数十秒。
右手に、♂♀マークが描かれた建物が見えた。
アレがトケビ道路のすぐ近くと言うことを知っていたので、ピンと来た。
ガイド 「あ、右の方は見ないでくださいねー」
皆さん、一斉に右を見る。
ガイド 「あれは・・・(笑)」
のり 「エッチな博物館ですー」
ガイド 「そう、人間の・・・・・・・・・」 (よく覚えていない)

エッチな博物館の外壁だけ見えた~


 お土産屋
チョコなど少し買っておく

 ロッテ免税店
見るからに高級店
私たちには手が出ないかも・・・と見ていると・・・・・
店員「紫水晶どうですか?」
のり「去年ソウルで買った」
店「ご主人、タイガーアイはどうですか?」
夫「ソウルで買ったの使ってる」
店「もう一つ持っててもいいですよ。これ3000円」

店員が出したタイガーアイブレスレットを見て、二人で 「きれいだね」と言ってしまった。
夫が使っているのより、確かに魅かれる色具合。

の「どうする? もらって行く?」
店「お買い上げなら、このネックレスサービスしますよ」
の「え? え? これをくれるの?」
店「奥様は、(首が太いから)長いチェーンの方がよさそう。それもつけるわ」
の「そ、そ、それなら」
お得な買い物でしたわ

【あとで写真】

ガイドさんの話では、
「今日はゆったり買い物ができて良かったです。中国人の団体がいると、身動き取れないほどですよ」と。


 龍頭岩(ヨンドゥアム)
龍の頭に見える(かもしれない)岩
ガイドさんも、「龍?と首を傾げたくなるけど・・・」と言ってた。

2017-03-18 18.28.12

 夕食
海鮮鍋
この鍋は4人分。左のおかずは2人分ずつ用意されている。
鍋は辛くないのでおいしい! 4人で完食
ビールは1本500円。
2017-03-18 18.39.08


 ホテル
ニューアイランドツーリストホテル

8時にホテルに到着
シンプルなホテルだけど、寝るだけなら充分。
アメニティも固形石鹸とシャンプーだけだけど、それで充分。
冷蔵庫にステンレスポットで冷たい水があったのがありがたかった。

さて、今日のブログ(速報版だけでも)を書かなくちゃ。
タブレットは、ホテルのWIFIにつながった。
しかし、ブログにログインできない。
ログイン保持状態で持ってきたはずなのに、なぜかアウト状態。
パスワードを入力してログインしようとしたら、
「怪しい環境からのアクセスなので、認証コードを入力せよ。コードはメールで送った」と表示。

でも、そのアドレスのメールは、夫のパソコンでしか読めない。
旅行中にこの日記は書けなくなってしまった。
(親しい友人には、メモを読んでもらう手段はあった)

フェイスブックでいくか?
写真をアップするには、携帯をなんとかせねば・・・・・
ホテルのWIFIには一応つながるけど、たびたび圏外になる(笑)

海外パケホのアプリで、接続を試みるが、「できません」とか、「アプリの強制終了」とか・・・・おかしい!
アプリをアンインストールして、自力で設定してみたら、つながった!!
ただ、パケホ対象業者に設定できたのかが不安で、使わない時は「機内モード」で過ごす。

写真が自動的にdropboxに転送されるので、タブレットでも写真が使える。
これで一安心

テレビは、韓ドラ見放題
でも、字幕が無いのでわからない。
しかし、「トンイ」をやってるチャンネルを発見。
これは何度も見ているので、内容はわかる。
子役から大人になるところ。
だいたい、何を言ってるかわかる(笑)。


済州島序章
1日目 →このページ
2日目
3日目

0

済州島に行ってきまーす

去年、韓国旅行の調査をしているときに、妙な写真が目に入ってきた。
コレ

なに?コレ?
調べると、済州島の突起部分、城山日出峰 であることを知る。
済州島は、美しい景色、おいしい食べ物、韓ドラのロケ地もある。
「実際に、見てみたい!!!!! 
よし、行ってみよう!!」

昨年の暮れに
「29年4月上旬、3泊4日で済州島フリーパック(成田発着)」
を予約しました。

ところが、現地オプションを研究中に、茨城空港のマイエアポートクラブのメルマガを受信。

何ですって ?!?!
「3月下旬 茨城空港発着 2泊3日 済州島ツアー」
が発売されるという情報が届いたのです。

うわー! うわー! 茨城から済州に行けるの ?!?!

2泊3日の場合、滞在時間が短くなるけど、「茨城空港発着」という魅力は捨てがたい。。。。
駐車料金がかからない。
出国(and 帰国)手続きも歩かなくて済む。
明るいうちに茨城空港に着陸するのも初めてのこと。
霞ケ浦が見えるかな?
どうしようどうしよう?

ジンエアーの評判も調べたら、評価も良い様子。
LCCなのに機内食(軽食)が出るのが魅力的。
更に、チャーター機は、サービスも良いはず。
どうしようどうしよう?

さんざん迷った結果、「茨城空港発着」を重視して、こちらに切り替えちゃいました。
茨城空港から海外旅行に行くわよー。

大統領の騒動も落ち着いたし、中国からのツアーのキャンセルが多いとのこと、観光地もすいているでしょう。
楽しんできます。

済州島序章 →このページ
1日目
2日目
3日目

0

鵜の岬 2日目


朝は、日の出時間に合わせて大浴場へ。
湯船から日の出を拝みました。
大浴場は、太平洋側に大きな窓があるんです。
これは、部屋からの写真ですが、お風呂はもっと海側を向いてます
2017-02-28 08.20.15


朝はバイキング
この写真の皿を食べた後は、おかわりに走りましたわよ。
2017-02-28 07.14.17

このあと、波打ち際に降りて行ったり、遊歩道をお散歩。
帰路は、那珂湊のおさかな市場でお買いもの。
11時過ぎたので、お寿司を食べていくことに。(回転寿司)
「那珂湊の寿司」は評判が良いんです。
ネタが大きいので、ハサミを貸してもらえるんですって。

私は1皿目、無造作にマグロの皿をとって食べたら、すっっっごくおいしい。
口の中の感触が違う。
まさか、もしやと値段を確認したら500円だった。大トロだったのかも~
地味な色の皿だったので安いと思い込んでた~
2017-02-28 11.10.22

その後は200円の皿を選んで取ったけど、それでもネタが大きくておいしい。
イカは一口ではいらないので、ハサミを借りたかったほど。
そう、ネタが大きいので数が食べられない。
このワタシが、5皿で満腹。
最初、普通のマグロをとっていれば、1000円で満足したんだねー。

そこから帰宅
1時に家に着いちゃったので、「もう一か所遊べたねー」と、反省。

今回、私が幹事を務めて、私が運転して行ったということで、皆さん私に優しいの。
運転中も飲み食いしやすいように、封を開けてくれたり、宿でも私に最初にお茶を入れてくれたり。

「ガソリン代、運転代払うからね」と言われたので、「1000円ずつ」もらおうとしたら、
(露骨に1000円と言いたくないので、こんな書き方で)
kane.png

「1000円じゃ片道代にもならないでしょ」と、お札を積み上げられて、私の宿代を、私の財布から出さなくても済んだほど。
楽しかったので、「また行こうねー」と、お約束。


鵜の岬 1日目
鵜の岬 2日目  このページ

0

鵜の岬 1日目

1月の、班の新年会で、近くに座っていた4人で井戸端会議。
「鵜の岬に行こうよ」
「いいね」
「のりちゃんに手配してもらおう」

と言うわけで、私が予約を取って、私の運転で行ってきましたん。
70代2人
つい先日60歳になった人1人
あと4カ月で60歳になる人1人
4人のオバチャン連です。

27日10時に出発
まずは、偕楽園の梅まつり。(家から1時間)
駐車場はほぼ満杯だけど、係員が誘導してくれて、良い所に停められた。
こんな近くの名所なのに初めて来た。
満開できれいでした。
偕楽園は、入園無料です!! 駐車場は500円

2017-02-27 11.07.57

2017-02-27 11.12.07

お昼は国道沿いの中華店(台湾)
4人そろって、野菜ラーメン
これが、すっごくおいしかった。
680円でジュースも1杯サービス。
2017-02-27 13.10.45

おなかも満足して、更に北へ向かう
国道からちょっと入ったところに、吉田正音楽記念館があるので立ち寄ってみる。
国民栄誉賞のお方ですよ。
レコード大賞受賞曲をたくさん手がけた方。

地図的には、国道からちょっと入った所だけど、山の上だった。
景色が良かったのよー。4階から。
2017-02-27 14.21.14

そして、国民宿舎、鵜の岬に。
温泉に入って、お楽しみの夕食。
写真に写りきらないお皿もあって、おいしくて、おなかパンパン。
飲んべえ2人、口をそろえて「いつもなら3杯イケルのに、料理が多くて2杯しかのめない~」
料理のボリウムも味も素晴らしいのよ。
2017-02-27 18.02.57


鵜の岬 1日目 このページ
鵜の岬 2日目

0

⑥ 10ポイント


茨城空港発着の搭乗券の半券を10枚集めると、良いことがあるらしい。
キャッシュバックと記念品がもらえるって!

でも、短期間に10枚も集められない・・・・・
と思っていたのですが、この旅行で10ポイント貯まりました。

【2015年4月1日~2017年3月21日搭乗分 で10枚】

2015年9月の北海道便2枚は、プレゼント企画に使用済み。
(商品券・コーヒー券いただきました)
残った2枚は捨ててしまったが・・・・・・。

2016年3月の福岡便、2人で往復 4枚
10月の神戸便も、2人分の4枚
12月の沖縄離島便は、1人分はブロガー企画に使用済なので、1人分の2枚

ここで10ポイント分が手元にある。
応募します。

2017-03-07 10.20.42


旅行費を計算してみると・・・・・
早期申込みで、5000円引き
代金値下げで20000円引き
旅行社から遅延お詫びに1000円返金
空港のブロガー企画で20000円助成
空港ポイント10点貯まって10000円返金

つまり、56000円も安く参加できちゃった。



 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に沖縄離島旅行記をお読みいただけます。

4

⑤ あとがき

2泊3日というと、短いような気もしますが、きれいな海、景色、食事等をたっぷり堪能しました。
印象に残ったことを箇条書きにまとめてみたいと思います。

 見る
どこへ行ってもきれいな海が見えました。
宮古島は川が無いので、赤土やゴミが流れ込まないからです。
浜辺は透明、沖合はエメラルドグリーン。
ドライバーもガイドさんも、「私がバスクリンを入れておきました」とおっしゃるほど。

冒頭で「コバルトブルー」という表現を使いましたが、海の色は5~7色に見えるそうです。
もっと多くの色に感じる人は・・・・・単なる色キ〇ガイとか・・・(ドライバーさん談)

そこに架かる大橋も美しかったです。
橋は乗用車で渡ると海は良く見えません。バスが良いようです。

畑のサトウキビも圧巻。
ススキの穂のようなものが出てくると刈り入れ時期、そろそろ作業が始まるようです。
(説明を聞くまで、ススキと思い込んでいました)

 聞く
南国の島ならではの話も聞きました。
冬にヒマワリが咲いたり、カブトムシがいたり。
橋が無かった頃は、竹馬で別の島に渡ったとか・・・

 食べる
ツアー最初の食事が「海ブドウ海鮮丼」
プチプチの食感がおいしくて、最後の食事も同じものを注文してしまいました。
宮古そばもおいしかったー。

 気候
12月と言うのに24度。
半そででも歩けるほどでした。
冬物セーターを持って行った私は失敗。
ただ、場所によっては、強風が吹くので体感温度が低く感じることもあります。

台風が上陸することも多いのですが、それは「恵みの雨」となるそうです。
風には対策が必要で、地面置きのソーラーパネルは、足をぐっと短くして角度も5度程度。

 宮古島まもる君の活躍
島内に19人、いや、19体ある警察官型の人形。
島の交差点や畑に立っているのですが、観光客に大人気。
お土産屋さんでは文房具や食品にまで顔を出していました。

事故に巻き込まれたまもる君が入院(修理)した時は市長がお見舞いに来たとか。

 風習
島のお墓は、屋根つき庭付き。
命日や盆彼岸はお参りをせずとも、旧正月にはお墓の前でご馳走を食べて宴会をするそうな。
紙のお金を燃やして、あの世に送金することを忘れないように。

 修学旅行
あちこちで、学生の団体と遭遇しました。多勢来ているのですね。
学生たちは日中マリンスポーツにいそしむ為、夜は疲れて早めに就寝。
先生は監視が楽チンだそう。
でも、空港やホテル内を歩く時は一般的なマナーはねぇ・・・・
スーツケースに乗って、ガラガラ~
整列せず、ガヤガヤ~
オバチャンたちは顔をしかめてしまいました。

 飛行機
FDAの84人乗り。
想像していたより、大きくてびっくり。
中も広々しているので、小型機とは思えない。

夫は、飛び立ってしばらくしてから
「あれ? これは2列なのか。いつもと同じ大きさかと思ってた」
と、小型機とは思わなかったそうです。

サービスの飲みものやお菓子もおいしく、パンには助けられました。
私、ミルクをこぼしましたが、CAさんが親切で、恐縮しました。

 添乗員
行動力があって、ユーモアセンスがあり、フレンドリーな方。
女の私から見ても惚れ惚れしました。
「また、この添乗員さんと一緒に旅行に行きたい」と、おっしゃる方もいましたよ。


総合的に楽しかったので、スタートのトラブルは帳消しです。
お世話になった皆さま、ありがとうございました。

最後に、旅一番の感動地、はての浜の動画をご覧ください。
(風の音がうるさいですが・・・)


そして、チャーター便の魅力を知ってしまったワタシ・・・・
3月に「茨城空港発着 済州島ツアー」
5月に「茨城空港発着 台湾ツアー」
申し込み済みであることを、追記しておきます。




 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に沖縄離島旅行記をお読みいただけます。

2

④ 宮古島から茨城空港


146257-200.png 朝食

2016-12-07 06.27.07
今日も朝から食欲旺盛!

700400-200.png 宮古島海宝館

2016-12-07 09.06.37
館長さんの貝のコレクションを展示した資料館です。
館長さん自ら案内をしてくれました。
「おや、皆さん、茨城から来たの!? 私もしょっちゅう茨城に行ってるの。先月も行ってきたばかり・・」
ここまで聞いた時は、「うそ~」と思ったのですが、
「大洗の水族館に熱帯魚を納めているので、管理が必要なのさ」
それを聞いて、一同「おおおぉぉ!」と拍手。
遠くの地につながりのある人がいるとうれしいですね。
(私も先月、大洗水族館に行きましたぞ)

資料館を抜けると、自動的に売店につながっています。
泡盛、黒糖、海ブドウをしきりに勧めてましたよ。

2016-12-07 09.19.10
ここでも泡盛を試飲。
黒糖を舐めながら飲むように勧められる。
うん、まろやかですー。

10064-200.png 東平安名崎(ひがしへんなさき)

宮古島の最東端、紺碧の海に2kmにわたって突き出した美しい岬
hennasaki.png

先端に到着する前に、岬の形を確認できる場所があります。灯台が霞んで見えませんが・・
(上の地図で言うと、ヘアピンで少し戻る所)
2016-12-07 09.43.47

岬の先端風景
2016-12-07 09.58.57

2016-12-07 10.02.56


平安名崎灯台
2016-12-07 10.01.42
200円で昇ることはできますが、集合時間と体力が心配で断念。
らせん階段は体力が必要で・・・

hennamisaki.jpg
お散歩アプリで、歩いた軌跡を記録 (クリックで拡大)

392350-200.png 島尻マングローブ

奥行約1kmの入り江に発達した、宮古諸島で最大規模の群落
2016-12-07 11.14.47

2016-12-07 11.15.27
おもしろい根っこですね。
緑の葉の中に、黄色い葉が数枚。
この池は、淡水と海水が混ざっているので、吸い上げた塩分を数枚の葉が集中的に吸収し、全体を守るそうです。
そのお役目の葉っぱは黄色くなっているのですぐにわかります。


64-200.png 雪塩ミュージアム

モンドセレクションで金賞獲得した雪塩製造工程の見学とお買い物
雪塩はベビーパウダーのようなサラッサラの塩で、ミネラルも豊富だそうです。

ここに到着前、ガイドさんが言いました。
「ここは試食し放題です。たくさんたくさん食べてくださいね」と。
よーし、ここは腕の見せ所だわ。

2016-12-07 11.49.19
「え? お客さん達時間が無いの? じゃあ20分の説明、10分で済ませるね」
と、早口で説明してくれたオバチャン。
「海水が原料なので、元手はタダなのよ」とおもしろおかしく説明してくれるので、10分はあっという間。

2016-12-07 12.01.49
雪塩を溶いて手の甲をマッサージ。洗い流して、美白効果を確認しましたわよ。
食しても良し、外からでも良し。効用抜群な様子。

2016-12-07 12.05.40
ソフトクリーム(380円)に塩をトッピング。
ハイビスカス塩を掛けてみたらおいしかったです。
アイス自体もちょっと塩味がついてます。
「溶けやすいのでカップに入れた方が良い」と言われましたが、「大丈夫です」と、コーンに入れてもらいました。
おかし類の試食も頑張りました。


池間大橋を渡って池間島でお買いもの 池間島側から撮影
2016-12-07 12.38.14

サトウキビジュースの実演販売(?)もやってました。
店の横にサトウキビ
2016-12-07 12.40.34



531321-200.png 宮古空港


1時30分に宮古空港に到着。
飛行機のチケットが配られたのですが、その時、添乗員さんの口から嬉しいお言葉。

12734-200_201612092100583b6.png 朗報 その4 お見舞金

「チケットの入った封筒をお渡しします。出発時は天候の為とはいえ、遅れて申し訳ありませんでした。お詫びの気持ちとして旅行社から1人1000円をお返ししますので、昼食代の足しにしてください」
一同から大拍手。
気持ちの大きい旅行社です~。

146257-200_201612092108400a9.png 昼食

2016-12-07 14.07.03
1日目に食べた海ブドウ海鮮丼がおいしかったので、また食べちゃう。

お土産店を見てから、待合室へ。
そろそろ搭乗案内かなと思う頃、妙なアナウンスが・・・・・・・
「FDAで茨城空港へ行くお客様、茨城に着くまでにシートベルトのサインが消えない可能性がありますので、お手洗いは必ず済ませてください」って・・・・

539324-200.png よみうりチャーター直行便

搭乗案内があり、飛行機に向かう。
「あれ? 飛行機の色が違う」
2016-12-07 15.22.42
昨日、一昨日はシルバーだったのに、機体が変わってる。
1機で3日間乗り継ぐのかと思ったら違うのね?
2種類に乗れてラッキー。
「復路は2時間45分」とのアナウンス。
言い間違いでは?と思ったほどですが、帰りは短時間で到着なのですね。
シートベルトサインはすぐに消えて、到着まで揺れませんでした。

機内のドリンクサービスで、コーヒーを頂く。
ミルクの容器が膨らんでる。
「ほら、気圧の関係でまた膨らんでるよー」と言いつつ開封したら・・・・・・・
ピューと吹き飛んで、ひじ掛けを汚しちゃた~
私のお手拭で拭こうとしたら、CAさんがきれいにしてくれました。

2016-12-07 17.07.59
最後の写真
夕日が沈む瞬間がキレイでした。

日が落ちて間もなく、本土上空に。
名古屋の夜景が見えてきました。

539327-200.png 茨城空港到着

着陸の瞬間、客席から拍手が沸き起こりました。
3日間一緒に行動した連帯感からの行動でしょう。

タラップの降り口には、「おかえりなさいませ」の横断幕を持ったスタッフが出迎えてくれました。
良い旅行でした。



 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に沖縄離島旅行記をお読みいただけます。

2

③ 久米島から宮古島へ


146257-200.png 朝食

2016-12-06 06.41.08
朝からガッツリいただきます。
茨城県民は勿論、納豆は外せません。
果物コーナーにパインはあったけど、さすがに、マンゴーは置いてないか(笑)
日の入りが遅い分、朝7時でもまだ薄暗いのね。

687580-200.png 出発

バスは7:30出発。
何せ、4か所を廻って、9:30までに空港に行かなくてはならないのです。
添乗員さん曰く、「今日は、アイドル並のスケジュールで動いていただきます」ってネ。
この方、昨日は、緊急事態時の変更手配に手腕を振るい、大活躍でしたが、ユーモアセンスも抜群で楽しいお話が聞けました。

65626-200.png 畳石

ずらりと並ぶ幾何学模様の巨石
20161206170945829.jpg
安山岩質の溶岩が、ゆっくり冷えて岩石になる時に割れ目ができる柱状節理と呼ばれるもので、この形のまま、地中まで続いてるそうです。

8684-200.png 比屋定バンタ(ひやじょうバンタ)

断崖絶壁が2km
20161206171131294.jpg

「バンタ」とは絶壁のこと。海抜200mの断崖絶壁から崖下にきれいな海、岬が見えます。
ただ、風が強くて飛ばされそうで、柵にしっかりつかまっていました。

105986-200.png 久米仙酒造

琉球泡盛を代表する酒造
20161206171318286.jpg
老舗のおもむきですね。
ここに到着したのが、8:32
従業員さんは、朝の体操をしているところでした。
体操の輪をかき分けてバスは突入~~~。
特別にこの時間に受け入れてくれたそうです。

20161206171411778.jpg
試飲用のボトルが並んでいます。
私も早速、吟味開始。
まずは原液をなめてみよう。
「ぅおおぉぉ~」舌がしびれる~。
薄めると、のどを通りました。日本酒とも焼酎ともちがうかな?
おつまみがあれば、がんがん行けちゃうかも。

ノンアルコール系の試飲もありましたよ。
シークワーサーのジュース(?)がさわやかでした。
「もろみ酢」がダイエットに良いと聞いているので、興味があったけれど、続ける自信が無いので買いませんでした。
でも、酒類を大人買いしている人がいましたねー。

235528-200_20161110174620d26.png おばけ坂 

上り坂に見えるのに、実は?
20161206171458906.jpg

まずは、車のホイールを転がす実験。
坂の下に向かって、「えいっ」と、転がすと、ちょっと転がって戻って来てしまう。
「ええぇ???」と驚き。

次はバスに乗って実験。
明らかに明らかに明らかに上り坂!!
エンジンを切って、ニュートラルにすると・・・・・・・
その坂を上って行ってしまう。
車内のざわめきもスゴイスゴイ。
しばらく進んで、「本物の上り坂」の手前まで行っちゃいましたよ。
これはおもしろかったです。

539324-200_201611101737246ee.png 久米島空港発

空港に着いたのが、9:40
大急ぎで手続きをして、10:10 久米島を離陸。
宮古空港まで220km 40分くらい。
なので、シートベルトのサインが消えて、紙パックジュースがサササッと配られ、「間もなく着陸態勢に入ります」とのアナウンス。
「もう降りるのか」と、あちこちから笑い声。

2016-12-06 10.26.44
短距離便でサービスされているジュース。

2016-12-06 10.23.37
綿をちぎったような雲がポコポコ



539327-200_20161202105213945.png 宮古空港着


miyakotizub.jpg

5つの島と、赤印を廻ります。

10064-200.png 来間大橋(くりまおおはし)

全長1,690m、大パノラマの珊瑚礁の海を眺望できます。
この写真は来間島から撮影。
2016-12-06 11.45.38

10064-200.png 来間島(くりまじま)島内観光

島内をドライブ
2016-12-06 11.52.36

来間島は、島の表側しか道路が整備されていないそうです。
勿論裏側も整備しようと着工したものの、良くないことが続き、「島の神様がやめろと言っている」と解釈して断念したそうな。

146257-200.png 琉球の風 屋台村(昼食)

昼食は、宮古そば定食を事前に予約しておいたので、すぐに食べられました。
宮古そばは「ラーメンとうどんの中間」の味と食感、に和風スープ。
思ったより、コシがあっておいしかったですよ。
3杯くらい行けそう。
飲み物が欲しかったので、マンゴージュースを別注文。
業務用紙パックからドボドボと注いでいましたが、濃厚でおいしかった~。

20161206171704241.jpg

屋台が並んで、フードコートになっています。
20161206171904562.jpg

時間があったので、お土産屋さんを散策。
娘やご近所さんにはおいしそうなものを選び、悪友には、コレ。
dokutin.png
15個のうち3個が激辛だそうで、反応を楽しみにしています。


10064-200.png 伊良部大橋

2015年1月開通となった無料の架橋としては日本一の長さを誇る3,540mの大橋。
長さは「サンゴショー」と覚えてください。
バス内からの写真しか撮れませんでした。
2016-12-06 13.56.51

こちら】で、イメージを確認してください。


10064-200.png 伊良部島・下地島島内観光

佐和田の浜
2016-12-06 14.30.39
無数の大岩が独特な風景を創り出しています

下地島空港近く
2016-12-06 14.43.52
橋のように見えるのは、滑走路へのライン(?)です。
かつては、ジャンボ機のタッチアンドゴーの訓練に使われていたそうですが、今は小型機が練習しています。
今後は、有効利用ができるように検討中とのことです。

通り池
2つの池が、地下で通じているんですって。
航空写真では2つの池が見えます。
tooriike.png Google mapより

マップ左側の池 (駐車場から上がってきて右手)
2016-12-06 14.58.59

半端な動画ですが・・・池の通路から両サイドを撮影



渡口の浜
2016-12-06 15.32.31
サラサラの砂をお見せしたかったのですが、今日は濡れていました。
道路側の乾いた砂は小麦粉のようなパウダー状態でしたよ。(手に取って撮れず)
風に舞いやすいので、目に入って大変だそうです。


589220-200.png ホテル
 
ホテルブリーズベイマリーナホテルのアネックス館に案内されました。
キッチン、洗濯機、電子レンジが備わったコンドミニアムルームです。
長期滞在したくなります。
2016-12-07 06.04.12

テラスにもサンダル、椅子、テーブルがあり、海風を浴びながらくつろげます。
2016-12-06 16.56.20

こちらのツリーもステキでした。
2016-12-07 06.46.18


146257-200.png 夕食

2016-12-06 18.11.56
バイキングです
もちろんがっつりいただきました。

2101-200.png シギラ温泉に探検


の予定でした。
ホテルの循環バスで数分で行けるのですが、お風呂の後に、洋服を着て帰ってこなくてはならないことを考えると、腰が引けてしまいました。外を歩けるリラックスウエアを持っていけばよかったのですが・・・・・・

「探検」と書くほど、ワイルドな温泉、プールだそうです。



 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に沖縄離島旅行記をお読みいただけます。

4

② 茨城空港から久米島へ


300271-200.png 出発

夜中に目が覚めたら、雨の音。予報では朝までに上がると言っていたから、大丈夫でしょう。
「フライト雨女」の称号を返上しなくては!
朝5時、外を見ると満天の星空、今日は青空の中を飛べそうだわ。

しかし・・・出発時、霧がかかってきた。
これくらいなら、8時には、晴れるはず(祈)
水道の凍結に備えて元栓を閉め、6時15分に出発。


airport01.jpg 茨城空港

7時ころ、空港に到着。
ターミナルに近い良い場所に停められました。

玄関正面に4mのクリスマスツリー
きれいですね。
25日にはクリスマスイベントもあるようです。
20161205181225955.jpg

2016-12-05 07.40.09

あっ、久米島行の便も表示されている。
このチャーター便のことを知らない人はビックリするでしょうね。
8:05 と 8:10 ほぼ同時に出発なのに、待合室は大丈夫なのかな?
(良く見ると、搭乗口が別になっています。3番口の待合室なのね)

集合時間までまだ時間があるので、2階の送迎デッキに行ってみました。
過去3回の利用日は、いずれも雨だったので、ひさしのある部分で構内を眺めていたのです。
今日こそは・・・・・・・・・

ありゃ~
ガラス裏側全面に水滴、しかも霧、全く見えない状態ではありませんかぁ。
今日、乗る飛行機の色がまだわからない状態です。
FDA(フジドリームエアサービス社)は、機体の色が楽しみなのです。
HP参照

第1便はグリーン機で出発したと、新聞で読みました。
(第2便は新聞取材は来てないの? キョロキョロ)

集合場所で添乗員さんのご挨拶。
このツアーは「プレミアムツアー」だそうです。
参加者の皆さんも品がありそう。(私たちも含まれる?)

チケットを受け取り、セキュリティゲートへ。
夫はペースメーカーを装着しているため、ゲートはくぐらず、ハンドチェック。
いつもは全身くまなく、厳重にチェックされるのに、今回は比較的あっさりと。
やはり、プレミアムツアーの客だから、信用が高いのでしょうか。

FDAチャーター便の乗客は国際線待合室に案内されました。
これなら、5分違いの便と間違わないでしょう。

席に着くと、茨城空港に関するアンケート用紙を渡され、利用状況や要望を書き込みました。
「東北や日本海側に就航してほしい」とお願いしましたよ。
用紙を提出時、使用したペンもらっちゃいました。
同じペンをエアポートクラブ入会の書類を書いた時にもいただいてます。

539324-200_201611101737246ee.png 搭乗

黄門さまと、おみたんも見送りに来てくれました。
20161205203153334.jpg
背後の霧の様子を見てください。
この時、飛行機の色を確認せず乗ってしまったのですが、霧でも色は気づくはず・・・・・なぜ?
久米島に到着してから、理由がわかりました。

タラップの上り口で、空港からの記念品を頂きました。
撮った時は、小物入れポーチかと思ったのですが、あとで確認すると中にトラベルグッズが入っていました。
他に、ヨーグルト、ドラ焼き、ペン、ウエットティッシュ、クリアファイル。(後者2つは、まだ袋の中でした)
このドラ焼きが、あとで私たちを救ってくれることになります。
20161205203046750.jpg

撮り損ねた2品を帰宅後に撮影
このクリアファイル、某オークションで高値がついてました。
人手に渡すとはもったいないことを・・・
2017-03-09 12.49.20


8時に搭乗、席は前から2列目
ドア閉まり、ライフジャケットの説明が終わるも、濃霧で発進出来ず。
「あと30分もすれば回復するかと・・・・」とアナウンスあり。
電子機器も機内モードの指示は解除され、携帯は使える状態。
30分・・・1時間・・・・2時間・・・動かない・・・・・

添乗員は関係施設と必死の形相で連絡をとっていました。
「3時間遅れたと仮定して、クルージングは明るいうちに帰ってこられるか?」
「今日と明日の行程を交換するのは無理」
「1号車と2号車、時間差で動きたかったけど、一緒で行く」
「夕飯の時間も変更して! 無理? では、〇〇分で」
おばちゃん添乗員(失礼)ですが、テキパキと指示、交渉する姿がかっこよかったんです。

待機したまま、9時に1回目のドリンクサービス。(りんごジュース)
10時に、2回目のドリンクとFDAのパンサービス。
(結局、このパンにも助けられることになります)
20161205204030099.jpg

こんなに遅れても、乗客(ツアー客)は冷静で、文句を言う人もいない。
ここで誰かが騒いだら、旅は台無しですものね。

10時半すぎに8:05の便が出発。
「奥の飛行機が動きましたね」と機内に明るい雰囲気。
次は私たちかなと思ったら、9:15の便が先に動いた。
その間、着陸機も2機あって・・・・
それでも、
「やはりあちらが優先よね。私たちは遊びに行くのだから」
「ビジネスマンは大変でしょうね」 という声が聞こえた。
皆さん大人の対応で、感動です。

10:50に機体は動きだし、10:53に宙に浮いた~。
(駐機場から滑走路のスタート地点まで3分かからないのです)

離陸順を待っている間に霧が急に晴れて視界良好。
下界も良く見えました。
県北あたりで左旋回し、栃木方面へ。
機長が、窓外の案内をしてくれるのがうれしかったです。
日光連山、長野の山々、富士山も見えました。
愛知県のあたりで海に出ます。

12時にまたドリンクサービスあり。
「パンとどら焼きでお昼にしようか」
パンを食べようとしたら、袋がパンパンに膨らんでいました。気圧の関係ですね。
まさか、私も膨らんでる?
2016-12-05 11.25.57


539327-200.png 久米島到着


離陸時は「2:25到着予定」との説明でしたが、風向きが良くて2:05に到着しました。
降りて振り返ると、機体の色はシルバー。
これなら霧に溶け込んで見えなかったのもわかります。
2016-12-06 09.59.54

ここでも、記念品の袋を頂く。
ミネラルウオーターとクッキーが入ってました。
2016-12-12 14.35.57

今まで雨が降っていたのでしょうか、地面が濡れています。
これから晴れあがってほしいですが・・・

miyakotizu2.jpg
今日と明日、赤印のついたところを廻ります。


146257-200.png 昼食


3時にやっと昼飯。
機内で、パンとドラ焼き を食べたのが救いになっていたので、さほど空腹感はありません。
周囲から「夕飯のために残そうかしら」という声も聞こえましたが、私は大盛り海ぶどう海鮮丼、ペロリ。

2016-12-05 14.54.12

645406-200.png はての浜


グラスボートではての浜へ。(カタカナ表記の場合もあります)
海底が見えるボート。
魚がたくさん泳いでいましたよ。(ここにも写っているはずですが・・・)
2016-12-05 16.01.05

船は砂浜に乗り上げるように停まります。
なので、サンダルを持参するように言われていました。
20161205204417831.jpg

透明な水を見てください。
晴れていたらもっともっときれいでしょうねえ。
20161205204616367.jpg

サンゴのかけらもたくさん落ちています。
ここは持ち帰り自由です。
夫も2個、袋に入れて持ち帰りました。
2016-12-05 16.34.24

ズボンをまくり上げて水遊び。足首の上まで浸かってます。
12月にこんなことが出来るとは!
砂に足を入れても、この透明度!
透明さは砂にも原因があるのでしょうか?
裸足で歩かないように注意されています。
2016-12-05 16.39.22

ホテルに着いたのは5時過ぎでしたが、まだまだ明るい状態。
濡れた素足で歩いていても、寒くありません。


589220-200.png ホテル

リゾートホテル 久米アイランド

2016-12-05 15.10.44

リゾートホテルなので、部屋の配置がステキ。
2016-12-06 07.17.26

入口が中庭に面していて解放感あり。
部屋も広くてゆったり。
ロビーにクリスマスツリー。

2016-12-05 14.49.25


146257-200.png 夕食

琉球会席
2016-12-05 18.44.00

昼食は遅かったけれど、外で遊んだおかげでおなかはペコペコ。
生ビールを片手においしくいただきました。
豚肉はホロホロに煮込まれ、魚、海藻類もおいしかったー。

ビールを頼むとき、部屋番号が必要と思い、キーを出しておいたら・・・・・・・
置き忘れて帰りました・・・・

 

 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に沖縄離島旅行記をお読みいただけます。

6

① 沖縄離島ツアーに行ってきま~す


「魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016」 に参加しました。



テレビで沖縄の離島映像を見て目を見張った。
真っ白い砂と透明な海水。
上空から見ると、コバルトブルーの海とサンゴ礁。

きれいだなあ。行ってみたいなあ!
茨城空港から那覇に飛んでも、乗り継ぎの手配が必要だし・・・・。
直行便や、セットツアーは羽田発着だろうな・・・・
羽田の搭乗口にたどりつくまで半日かかるし(笑)・・・・・
無理かぁ・・・・・

ところが!
あきらめムードを吹き飛ばす朗報をゲット!!

12734-200_20161202111737332.png 朗報その1 茨城空港発着 直行便を発見

正確にいうと私が「発見」したのではではなく、茨城空港からお知らせをもらったのです。
昨年、北海道から戻る便で「茨城空港マイエアポートクラブ」の会員となり、たくさんの特典(商品券やコーヒー券等)を頂きました。
メルマガもその一つで、ツアーや、イベント情報が配信されます。

2016-11-10 15.06.59
【会員証】

その日のメルマガには、


茨城空港からのお知らせです♪

-------------------------------------------------

┏━━━━━━━━━━━━━━━

┃◇◆HOT TOPIC◆◇

┃☆茨城‐久米島・宮古島

┃チャーター便が運航されます!

┗━━━━━━━━━━━━━━━━

 

平成28122()5()より、フジドリームエアラインズ(FDA)による茨城‐久米島・宮古島チャーター便が運航されることとなり、本チャーター便を利用した2泊3日のツアー商品が販売開始されました。

珠美の島「久米島」は、島全体が県立自然公園に指定されており、東洋一美しいと称される無人島「はての浜」や慶良間の島々まで見渡せる景勝地「比屋定バンタ」など、癒しの絶景スポットが満載♪

また「宮古島」では、全長3,540mの大橋「伊良部大橋」から沖縄屈指の透明度を誇るミヤコブルーの海を満喫する日本一のドライブが楽しめます(*^^)v

久米島までは、直行便で約3時間30分!!


【2016/09/06 (火) メルマガより一部引用 】


と書いてあるではありませんか!
「茨城空港から離島へ直行便!」 信じられない気持ちで、ワナワナ、ガクガク。

旅行社のページも確認しました。
茨城空港発着】よみうりチャーター便で行く!「球美の島」久米島と「ミヤコブルー」宮古島3日間

今、これを逃しては、次いつ行けるかわからない。
行くしかないでしょ!
その日のうちに申し込んでしまいました。
これほど、迷わずに行動したのは自分でも信じられない。

旅行代金は割高でも構わない。
「茨城空港発着」という点に飛びついたのです。

12734-200.png 朗報その2 旅行代金値下げの連絡

私が申し込みボタンをクリックした時、旅行代金は
「2名1室で、1人129,990円」と表示されていました。
しかし、「早期申込みの特典」で、5000円が返却されました。

更に、9月下旬には「各施設のご厚意で2万円値下げ!」との連絡。
これには驚きましたが、旅行社さんはじめ、関係機関の皆様に大感謝です。
2万円も下げて、どこかにしわ寄せが来ないでしょうか? 
→(結果、大丈夫でした)

12734-200.png 朗報その3 ブログに書いてお小遣いゲット

9月29日、韓国旅行から帰国し、すぐに4日分のメールチェック。
エアポートクラブのメルマガも着信している。
なになに? 茨城空港を利用した旅行記をブログに書けば、助成金がもらえるですって?
あら、離島ツアーの日程も応募期間に入っている。

2901a289c98d34ea0e91189f1f215681.png 
「魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016」


ブログを整理して応募したら・・・・・・・・・
採用されちゃいました。
に、に、にまんえん頂けるんですかー?


各方面ごとにテーマが設けられており、
「久米島・宮古島チャーターツアー」のテーマはこれ!
圧倒的絶景を見に行こう!

海、大橋、絶壁、岬・・・・・
撮ってきますよー。
「見た」「食べた」だけじゃなく、調査、取材、探検、実験、交流等、あちこちに頭を突っ込んで、情報をゲットしてきます。

airport01.jpg 茨城空港の魅力

そもそも、なぜ、茨城空港発着ツアーに飛びついたのか?
ズバリ!! 便利だからです。

 (私的都合ではありますが)とても近い。
筑波山のふもとから空港に向かっても40分。
40分でもありがたいことなのに、石岡と空港を結ぶ新道路を建設中。
この道路が出来れば、30分で到着です。
常磐道を利用の方は、空港がグッと近くなりますヨ。
列車を利用の場合も、石岡駅改築により、空港行のバスに乗りやすくなりました。

tikamiti.jpg (10月7日 茨城新聞より)


 駐車場が、ターミナルの目の前、しかも無料。
先日、国際空港の駐車場に4日間停めたら、4000円かかりました。
夫の障害者手帳提示で半額となった訳ですが、それでも財布に痛手です。
手帳が無かったら、外部の駐車場に預かってもらったでしょう。
でも、キーホルダーやETCカードをはずしたり、諸々の確認が面倒ですよね。

その点、茨城空港は無料ですから、何日でも安心して停めておけるのです。
しかも、運が良ければ、玄関まで20mという至近距離にも停められます。

お恥ずかしい話、後部座席の窓を開けっぱなしで4日間停めたことがあるのですが、車内の貴重品(カードや免許証)は無事でした。
悪人がいないのか、警備がよかったのか!!! 



 ターミナル内もわかりやすい。
中央の玄関を入って、左前方を見れば、国内線のチェックインカウンターが見えます。
手続きをして右に戻れば保安検査。
初めての人も迷いません。

コンパクト空港と言われますが、2階にあがれば、たくさんのショップが並んでおり、茨城土産、自衛隊グッズを買うことが出来ます。勿論、食事もお茶もいただけます。

 展望デッキの迫力
以前の展望デッキは、特殊ガラスを使っていたため、左側(自衛隊基地側)が見えず、つまり飛行機が見にくい状態でした。見送りの際に手も振れなかったとか・・・
しかし、今はクリアなガラスに交換されて視界は良好。
駐機場も離着陸もよく見えます。

ただ、私は「フライト雨女」とでも言いましょうか。
茨城空港利用時はいつも雨。
青空のデッキで飛行機を眺めたことがありません。
こ、こ、今度こそは!!

今晩は雨の予報ですが、明け方に雨は上がる予報。
では、明日から行ってきまーす。


 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に沖縄離島旅行記をお読みいただけます。

2

大阪観光


★ チェックアウト
旅も4日目。もう帰る日だ。
スーツケースに荷物を詰めていると、夫が、「もう一泊したいなー」ですと。
韓国旅行の時も同じことを言ったのね。
今度から、もう一泊する方向性で行こうかしら。

スーツケースを、宅配便手配してホテルを後に。

★ 大阪城
大阪城の最寄駅である、大阪城公園駅で降りて、城に向かうが遠かったー。
2016-10-20 09.51.08

でも、夫の手帳のおかげで、入館料は2人分無料。大助かり。
階段で最上階に上がり、天守閣から外の景色を見る。

2016-10-20 10.09.33

そして、下りながら各階の展示資料を見る。
でも、私、戦国時代の歴史はちんぷんかんぷんなので、ささーっと流し鑑賞。
降りたところでのどがカラカラ、飲み物を買って、500ml一気飲み。

午後の行動のために、バス乗り場方面に向かって移動するも、遠いこと・・・・
「お堀の橋」の位置関係で、ぐるっと回ったりするので、迷路のよう。
スマホのナビを使いましたよ。

★ ランチ
バス乗り場がわかったので、近くのショッピングモールでランチ。
サンドイッチ専門店に入ってみる。
2種類のサンドイッチを注文し、二人で分ける。
のどがカラカラで水3杯(ウエイトレスさん、何度も注ぎに来てくれた)とアイスコーヒーを一気飲み。

2016-10-20 11.30.53

ハンバーグサンドが予想以上においしかった。
ハンバーグ単品でもきっとおいしいでしょう。

★ ダックツアー

水陸両用車での市内観光。
陸上60分+水上30分
バスには、タイヤとスクリューがついている。

2016-10-20 13.08.11

2016-10-20 12.03.49

水に突入するときの水しぶきが売り物なのね。 ばしゃ~ん。
客席には、窓は無い。 雨の日はレインコートが必要。
2016-10-20 13.47.25

ガイドさんが面白く、「吉本からの派遣か?」と思うほど。
90分の楽しい観光だった。

バスを降りてすぐに空港へ向かう。
近くに地下鉄駅があるけれど、十字に交差している路線なので、入口や行先を間違えたら大変。
ちょっと迷ってウロウロしたけれど、予定の時刻に空港到着。

★ 神戸空港
ここで自動チェックイン時も、「カウンターへ行って」とのメッセージ。
やはり、ペースメーカーの確認。
そして、「前の方の席をおとりしますね(3列目)。お手伝いすることはありませんか? 
搭乗時は優先搭乗の時に乗り込んで良いですよ」
と、親切なご案内。

セキュリティゲートの所で、夫にチケットとpm手帳を持たせておいたのに・・・・・
夫がゲートをくぐってしまった。
「あー、だめー」と叫んだけれど、遅かった。

「pmのこと言わなかったの?
「手帳を見せたけど、行っていいと言ったんだ」
「え?・・・」

よっぽど、「問題ないのか?」と聞こうと思ったけど、夫のpmは、MRIでも使える物なので、おとなしく引き下がっておいてあげた。

ここで夕飯を食べて行こうか迷う。
せっかくだから神戸牛を食べようか?
たこやきで軽く?
いくつか提案してみたが、「家の近くのスーパーに寄ればいい」ですと。

強引にたこ焼き屋に引っ張ればよかった。(猛反省)

★ 茨城空港着
航行中、夜景がきれいに見えていた。
着陸が近いアナウンスのあと、右旋回したので、県北でターンしたのはわかった。
でもかなり高度が下がってから左旋回したので、もしや? と思ったら、霞ヶ浦上で旋回してた。
【これ】

霞ケ浦上を低空飛行。
これは明るいときに体験したかったなあ。

空港に着陸した時、1機が出発しようとしていた。乗客の顔が窓側を向いている。
窓から手を振りたかったわ~。
(舟下りやダックツアーで、手を振り慣れていたので)

預け荷物が無いので、すぐに外に。
車もわかりやすい所に停めていたので探さずに乗車。
暗いと、道路もよく見えず、曲がり角がわからない。
思わず、ナビの「家に帰るボタン」押してしまった。
でも、新しい道が出来たら、空港から石岡市街地までまっすぐに来られるらしい。

途中のスーパーで、晩御飯を買って帰宅。

★ 【総括】
・10月中旬なので、肌寒いと思っていたが、現地に着いてからは、夏モード。
 大汗かいて、水分摂りっぱなし。飲み物を何本買ったことか。
 ホテルで水(計6本)をもらえたのがありがたかった。

・紅葉時期は混雑すると聞いていたので、この日に決行。
 それでも、どこへ行っても混雑してた。
 修学旅行の生徒が多かったのね。
 二条城では悪ふざけをしている子供たちも居たり、三十三間堂でも「きゃはは~」と笑い声をあげる女子高生も居たり・・・
 興味ない子もいるんだよねえ。

・同じホテルに3連泊したので、ランドリーサービスを頼んだり、下着は手洗いで干せたので、衣類は1セットでも足りたかもしれない。(念のために2セット持って行ったけど)

・観光バスに3日、水陸バスに1日乗ったけれど、座席は全て最前列。
 乗り降りしやすく、視界も良く、幸運だった。

・スイカを使えるようにしておいたので、電車移動が楽だった。
 障害者割引を使おうかなと思った区間も、スイカで通常料金で来ちゃった。
 夫も「ケチケチするな」と言うし。


・天龍寺で、ご近所さんと遭遇したのには、超ビックリ。
 そういうこともあるんだねえ。


0

京都 3日目



★ 朝食

今日は、和食定食の店に行ってみる。
7時に一斉に押しかけるせいか、入口で数分待たされ、席に着いてからもかなり待たされてしまった。
でも、運ばれてきた料理はおいしかった。
夫は「好きなジュースも飲めないんだよな」と、ちょっと不満そう。
明日の朝食はどちにしよう?
201610191836408bd.jpg


★ ロマンティックトレイン
定期観光バスで、トロッコ電車と、舟下り、嵐山散策のコースに参加。
人気のコースで、57人の参加者ですって。
個人だと電車の予約がなかなか取れないそうだ。
電車からの景色は素晴らしく、車掌さんのアナウンスもおもしろい。

201610191838083da.jpg

2016101918394235b.jpg

★ 保津川下り

今日は水量が多いので、安全のために船頭さんは4人体制。
スピードもいつもより速いそうで、スリリングな船旅だった。

船頭さんはいい男だなぁと思っていたら、「140人の船頭の中のイケメントップ4だ」と、自ら言ってた。
ジョークもうまく面白かった。
20161019184126526.jpg

流れが穏やかなところで、売店船が接船
思わず買いたくなっちゃう。
わらび餅買っちゃった、
20161019184311862.jpg

2016-10-19 12.20.51


舟下りは寒いと思い、ジャンバーを持ってきたけど、全く不要。
太陽がジリジリで、汗を拭きつつ乗っていたほど。


★ 天竜寺
船を下りた後は自由行動だが、ガイドさんが「先に天竜寺に行きたい方はご案内します」と言うので、ガイドさんにつていった。
ああ、付いてきてよかった。案内無しでは行けなかったかも。
入場して、コマーシャルで有名な池を見に行く。
紅葉していないのでちょっと違うがあの池だ。

20161019184544efc.jpg


向きを変えて歩き始めると、建物の外廊下を歩いている人を見て「あれ? でもまさか、、、」と、動揺。
まさか、ここにはいないと思うけれど、ご近所の奥さんによく似ている。
その人も、私の視線に気づいてこちらを見る。
二人で指を差し合って「あららら」
そう、間違いなくご近所のご夫婦。
旅行に出かける前の日に「今シーズンの梨作業が終わったので、食べておくれ」と、梨を届けてくれた人。

お互いにビックリしあっちゃいました

★ 嵐山

渡月橋周囲を散策し、昼食。

20161019184723f8b.jpg

2016101918483246a.jpg

★ 伏見稲荷
観光バスを下りた後、自力で伏見稲荷へ。
電車で数分だから、すぐに到着。
私は千本鳥居の一部を見られればそれでいいと思ってた。

20161019185011c23.jpg

ところが、夫はどんどん上へ上へと上っていく。
私は138m地点でギブアップ(高度計アプリで撮影)

夫だけもう少し上へ上がって行った。
2016101919452504c.jpg


程なく、二人で下山したけど衣類もハンカチも汗でベチョベチョ。
このまま夕飯に行くには冷たい。
ホテルに一旦戻るのも面倒。

★ 夕飯
結局、駅で駅弁とビールを買って、ホテルで食べることに。
お風呂にはいってから乾杯しましたよー

20161019185128b16.jpg



0

京都 2日目


★ 朝食は、バイキングと和定食から選べるので、今日はバイキングへ。
もちろんがっつりいただきました。
盛り付けがきたないので、写真はお見せできません
取るのに夢中だったのね。


まずは観光バスで、京都3大名所に行く。
★ 金閣寺

お天気が良くて無風。
金閣寺が池に写ってとっても綺麗

20161018160836a44.jpg


★ 銀閣寺

渋さが光る。
庭の散策は、平坦コースと健脚コースがあるときいていたので、平坦コースでいいやと思っていたのに、流れに付いていったら、山の方へ行っちゃった、
おかげで、高台からのいい景色が見えた。

2016101816095802e.jpg

20161019062024f9f.jpg



★ 清水寺

まずは、昼食
ここは自由昼食と聞いていたけど、バスのお客さん全員、一箇所の食堂に誘導されちゃった。
47人から一気に注文取って作って運んで大変そうだった。
ある程度下準備していたとは言えお見事な作業だった。
201610181612427b2.jpg

そして、清水寺にむけて坂登り。
暑くて大変だったー

でも、上に行ったら素敵な景色が。

2016101816135869d.jpg


20161018161452ed1.jpg


201610181616076ca.jpg

20161018161655798.jpg


★ 三十三間堂
バスが駅に戻ってきたのが2時半。
よし、自力で三十三間堂に行ってみよう。
1.8kmという微妙な距離。
路線バスの乗り方がわからないので、(いや、乗り場はわかったけど、混雑してたし)、タクシーか徒歩か。
私は、朝のウオーキングで4km歩いているので大丈夫だが夫は?
「歩いた方が旅行の面白みがある。」と、往復歩きました。

肝心の三十三間堂は見応えありましたよ。
館内、撮影禁止で残念。


★ 夕飯

ネットで調べておいた近くの焼肉屋に行ったら、設備点検のために2日間休み。
駅ビルのレストラン街に行ってみよう。
韓国料理店がサムギョプサルの看板を出していたので入っちゃった。
サムギョプサルとビビンバを注文。
自分でハサミで切るように言われたけど、先月、学習していたのでOK。

お肉もビビンバもとてもおいしかった。
20161018185715cc0.jpg

20161018185835a06.jpg

今日は真夏のように暑かったー。


0

京都 1日目


★ 出発
朝、起きたらザーザー降り。
昨日までの青空が信じられない。

スーツケースに、折りたたみ傘を2本入れて、ホテルに送ってあるのに、さらに2本手に持つことに。
6時の時報と共に出発、
空港まで40分で到着。
40分で着くこと自体スゴイのに、今度、空港への道が整備され、30分で行けるようになるらしい。

tikamiti.jpg

★ 茨城空港
到着後、自動チェックイン機に走る。
今回は、自分で席を選べるのかドキドキ。(福岡の時は自分で選べた)

バーコードを機械にかざすと、
「この予約は、機械で受付できない。カウンターへ行って」とのメッセージ。
まさか、予約できてない? ドキリ。
カウンターへ行ってみると
「引き継ぎ事項によりますと、お客様はペースメーカー装着とのこと、間違いないですか? 乗務員の方にもその旨伝えておきます」という連絡。
その為、カウンターに呼んだらしい。

セキュリティチェックの際、夫はハンドチェックなので、厳重にペタペタさわられまくってた。

★ 機内
座席は通路側。
どうせ、雨で景色は見えないからいいか。
でも関西に入ってから下が見えるようになり、遠慮がちに窓を覗いてた。

今回、スカイマークでは、サービスにキットカットをくれたのよ。
うれしかったわー。(長距離便はコーヒーが出る=スカイマークはLCCじゃない!)

201610172044184e2.jpg

★ 神戸着

ポートライナーに、乗って三宮に移動。そして、JR三ノ宮に徒歩移動。 (さんのみやでも字が違う)
ライナーは運転手がいないので展望席よ。
青空も見て見て。きもちいいのよ~。

20161017213620858.jpg

★ 京都着

京都に着いて、3日分のバスチケットを受け取って、駅ビルの11階でランチ。
トンカツとオムレツのセット。
ボリウムたっぷりでご飯が食べきれなかった。
20161017213723212.jpg


食後、下に降りようとエレベーターに向かっていたら、窓の外に大階段が見えた。
面白そうなのでそれを降りてみることに。
11階からまっすぐに下りるのも気持ちいいものだわ。
20161017214835b81.jpg

その後、徒歩で東本願寺へ。
拝殿の中に入ってみたかったけど、夫は「いやだ」という。
せっかく無料なのに・・・
境内を散策しておわり。

20161017214939f98.jpg

京都タワーにも上り、360度の景色を堪能。
2016-10-17 12.21.51


★ 龍安寺
観光バスに乗って龍安寺と二条城へ。
かの有名な石庭を見学。
一枚の写真では撮れなかった。
それと同じく、一カ所からの視野の中には全部の石が見えないそうな。



★ 二条城
思ったより見学コースは長く、うぐいす張りの廊下を延々と歩き、それぞれの部屋を見て回った。
でも、前後に小学生の団体に挟まれ、説明書きを読む間も無く、流されて歩いたかな。
でも、大政奉還の部屋や、重大行事に使った部屋は確認。

ここの売店のソフトクリームはお勧めと、ガイドさんが言っていたので、食べたかったけど、女子高校生が行列を作っていたのであきらめ。

20161017215423ac7.jpg


★ 夕飯
ちょっと変わったレストランを予約しておいた。
電車で移動しなくてはならない、
京都駅の改札を入って、乗り場を探したけどわからない。
あっ、JRじゃないのかも。
スイカは、入場料金扱いで出られるのかな?
いや、エラーになって通れなかった。

駅員さんに、スイカを修正してもらいつつ、乗り場を教えてもらう。

なんとか、忍者レストランに到着。
忍者屋敷なので、入口から席に着くまでも、からくりがあって修業の道。

料理の合間に、忍術(テーブルマジック)も見せてくれる。
料理にも仕掛けがあっておもしろい。
でも、量が少なくてお腹いっぱいにならなかった。
暗くて写真も不鮮明。サムネイル表示

手裏剣形のクラッカー
2016-10-17 18.03.59 

冷奴に見えるけれど、エビ入りチーズケーキ風
2016-10-17 18.04.07

サザエ爆弾(導火線の演出あり)
2016-10-17 18.13.52

刀を引き抜くと、煙がモクモク
2016-10-17 18.21.51

サラダ (コース外オプション)
卵を割ると、ゼリーで固められたドレッシング
これで2人分なので、ものたりない
2016-10-17 18.28.36

チーズの包み揚げ
2016-10-17 18.36.20

牛肉料理
2016-10-17 19.00.50

お寿司
2016-10-17 19.17.57

デザート(カエルさんケーキ)
2016-10-17 19.36.30

一枚写真を撮り損ねたけど、豆乳仕立てのスープ
目の前で、桶に焼き石を投入して煮る

2人で14000円超えたので、財布が泣いた。


★ ホテル
9階の正面側。
駅前の様子が良く見える。
観光バス乗り場が近いので、このホテルを選択。

夜、テレビで二条城特集をやっていて、詳しい解説を聞くことができた。
(私は、ブログを書いていたので、集中して見てなかったけど)

0

関西旅行計画

★ きっかけ
6月下旬のこと・・・・・
京都探訪の番組を見ていた夫が 「二条城、龍安寺、良かったよなぁ。そうだ、京都に行こう」と騒ぎ出した。
「9月に韓国の予定があるのにいいの?」
「構わん、行こう」
「新幹線と飛行機、どっちにする?」
「飛行機で行けるのか?」
「神戸便で行けるよ。2泊でいいね?」

茨城空港発着で、2泊フリーパックを申し込んだのだが、帰路の飛行機が満席。
旅行社と調整の結果、もう1泊することに。
3泊とは豪勢だ。

主に定期観光バスを使い、時間が空くところで自力観光をしよう。

kyoutoo.jpg





0

帰国日


★ ホテルで朝食
食事内容は昨日と同じ
でも、胃が重い。
昨夜も今朝も胃薬飲んだ。

★ 明洞聖堂
ホテルの窓から見える教会に行ってみた。
moza.jpg
 
ここでもドラマ撮影をしているらしい

★ スイーツに挑戦
韓国式かき氷を食べたかったけど、胃の調子が悪いのでやめておいた。

★ 空港にて
お昼は空港で簡単な食事。
サラダドッグのSサイズ。
いや、これでも苦しい
2016-09-29 13.10.47

携帯バッテリーと、レンタルwifiのバッテリーを預け荷物の中に入れておいたら・・・・・・・・・・
搭乗時に、ピピピとなって、呼び止められる。
「これ、機内に預けられないので、手荷物でお持ちください」
「え?」
コレ私の? なぜ、ここにあるの? バッグ開けたの?
一つは鍵無しファスナーバッグだけど、もう一つはスーツケースのはず。(係員が開けられるのは知っているが)
びっくりしたけど、受け取ってショルダーバッグに入れたわよ。

機内食はホットドッグ、お昼とかぶった。。。。。今回は果物があったので助かった。
でも、お饅頭は食べられなかった。
夫が「食べないならもらうよー」って。

2016-09-29 16.02.00


★ 帰国
5時半に予定通り帰国しました。
帰宅してお風呂・・・・・・
おっ、2kg減ってる!! 確かに肩が軽い!

★ まとめ
・ 韓国は時差がないので、時計の調整いらず。
・ 日の出、日没は日本より1時間ほど遅いので、夕方の行動が助かった。
・ 買い物はほとんどカード払いだったので、現金は飲み物代程度。
  残ったウォンはそのまま持ち帰った (また行くつもりで)
・ wifiは、スマホ側の設定がうまくできていたか不安。
  メールの送受信ができていない状態だから、無駄な受信料はかかっていないとは思うけど・・・・・・
・実質2日間の現地行動だったけど、内容が濃かった。
・中国の国慶節にぶつからなくてよかった。 韓国も大混乱とか・・・
・帰路の実質フライトは1時間半。こんなに近いのかと実感。
・一週間遅かったら、台風の影響があった。

・せっかく10年パスポートを取ったのだから、また、どこかにいくぞー。


 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に韓国旅行記をお読みいただけます。

0

大長今パーク

  
★ ホテルで朝食


7時から30分くらい座ってたけど、お客さん少なかったね。
外で調達してきちゃうのかな。

料理の数も少ないし、お皿をすぐに片付けるのでイラついたわ。
パンを手に持ってるのに、パン皿もっていっちゃうの。
サラダの皿も、最後の一口をフォークに刺した瞬間に持っていったー。
席はいっぱい空いてるのだから、ゆっくり食べさせてよ。

★ 観光に出発
8時にガイドさんが迎えに来てくれた。
さて、傘を持とうか、飲み物を持とうか?
飲み物なら向こうで冷たいのを買ったほうがいいか。
折り畳み傘を二本持つ。

バスが現地につく前に喉が乾いてきた。1本だけでも持って来ればよかったか?
雨は結局降らなかったし~。



★ チャングムパーク
入り口付近で飲み物買えず、そのまま中へ。
坂道をのぼるので、汗だく

途中で自動販売機を見つけてお金を入れたけど戻ってきちゃう。
置いていかれては困るのであきらめて合流。

次に見つけたら、なにがなんでも買おう。
でも、無かった

脱水、大丈夫かと思うほどのヘトヘト。
夫の体調も心配

麓に降りてきてすぐに売店に飛び込んでジュースゲット。

コーラ1缶一気のみしてもまだカラカラ、
更にファンタを一気のみ。
まだ潤ってない。


獄中花 撮影準備中(人はおらず・・・・)

家並み

2016-09-28 09.49.56
これは、時代劇の「警察署」 どのドラマにもでてくるね。

肝心のチャングムパークは面白かった。
「ここは、あのドラマの、このシーンの撮影」と言うことを教えてもらって、皆で
「見覚えある―」
「こんなに狭いんだ」
「え?岩は発泡スチロール?」
と大はしゃぎ。

あ、部屋の中のシーンはスタジオですって。

★ 昼食
バスで昼食会場へ。
サイダーを注文して一気のみ。
食事にも水分が必要かと、もう一本注文して、また一気のみ。





食事は、ビビンバがツアー内定食。
チヂミはオプション。

ビビンバを混ぜ混ぜして、一口パクリ。
あ、、、、
ダメ、、、
私の嫌いななにかがはいってる。
口も胃も驚いてる。

チヂミを食べようよしても、胃が暴れてる。
サイダーだけの昼食となった


★ 民族村
次の場所についてもしばらく気持ち悪かった。
ビビンバの味だけじゃなく、プチ熱中症になってたかな?

今日の民族村、小学生と幼稚園が大量発生してい(遠足らしい)て賑やかすぎたのもキツかった。



民俗芸能を観たり、古い民家を廻ったり。

★ 水原華城
城壁と建物の一部が残っているだけですが、イサンのファンとしては、面白かったー。
城壁にもいろいろと仕掛けがあったり。


★ コリアハウス
韓定食を頂く。
【こんな感じで】一度に料理が並ぶと思っていたのに、一品づつ持ってきてくれた。

2016-09-28 16.51.35

2016-09-28 17.01.24 2016-09-28 17.05.02 2016-09-28 17.13.01 2016-09-28 17.19.39 2016-09-28 17.26.09 2016-09-28 17.30.30 2016-09-28 17.40.15 2016-09-28 17.41.34 2016-09-28 17.58.34

すごいごちそうだった。

次々に運ばれてくる料理は、上品な味付けで確かにおいしい。
でも、スープの中の「カニの詰め物」が、ダメだった。 胃が驚いている。
そのあとに運ばれてきた物は、夫に食べてもらった。

でもでも、オミジャ茶はスッキリしておいしかった。

食後はショーの会場へ。

ショーは、舞踊がメインだけど、親孝行物語のストーリーに添ってそれぞれのイメージ舞ということだったんだね。
とてもきれいだった。(館内撮影禁止)
終演後、ロビーで出演者と一緒に写真を撮ってもらえたけど、すごい行列だったのであきらめ。

ホテルに帰る途中、屋台がたくさん並んでる。
屋台の面白い物を食べまくる予定だったけど、今の私はダメ。
ホテルに直行。
早く寝よう

の「明日はゆっくり起きて大丈夫」
夫「明日もどこか行くんだろ?」
の「明日は帰る日、11時半にここを出発」
夫「え? もう帰るの? 5日くらい居るんじゃないの?」
の「いや4泊だとぜいたくかと思い、遠慮して3泊にしたの」
夫「え? そんなー、まだ帰りたくない」
の「それなら、4泊で計画したのにー」

夫も、この旅行がとても楽しいらしい。



 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に韓国旅行記をお読みいただけます。

0

市内観光

 3食付市内観光

★ 朝食
7:30にガイドさん迎えに来てくれて、まずは朝食の店へ。


どんぶりいっぱいのアワビがゆ。
食べきれないと思ったけど、食べちゃった。

その後、時間調整のために川沿いの遊歩道を散策。
テレビロケをやっているところに出くわし、「通れるのかな?」と心配したら、
「カメラを見ないで、通り過ぎてください」との指示。
韓国の番組に横顔が映ってるかもしれない。

★ 午前中の観光
市内の名所巡り。
車内は、私たち一組だけなので気は楽。
見晴らしの良い丘に行ったり、大統領官邸へも。(遠目で)
2016-09-27 10.00.46



宮殿も2つ巡った。



徳寿宮では、丁度衛兵交代式も見られ、衛兵さんとの写真タイムもあり。
ガイドさんがツーショット写真を何枚も写してくれちゃった。



この直後に、雨が降ってきた。(雨なら、交代式は中止だった)

★ 昼食




プルコギとチヂミ。
おいしかったー。

★ 午後の観光
仁寺洞、南大門市場は、雨でじっくりみられず、ササッと通りすぎてきた。

ガイドさん、「時間が余りすぎるので、【故宮博物館】に行きましょうか。あなた、朝鮮王朝のことに詳しいので、きっと楽しめますよ。」

博物館は、テレビで見たものが一杯。興味津々。
見るもの聞くこと、とても面白かった。ガラスにへばり付いて見入ってしまったもの。
雨に濡れずに良い所を見学させてもらった。
ガイドさんも「よくわかってるから、説明しやすいわ」と、喜んでたし。

ツアーの予定表には、「水晶店」というのが組み込まれてた。
強制的につれていかれるのかと思っていたのだけど、ガイドさんは事前に確認してくれた。
「興味あるなら案内しますよ」と。
「見るだけ見てみましょう」
「ほんとに良いですか? いやならいいんですよ」
「こういう時じゃないと見れないし・・・・」

と言うことで連れて行ってもらった。
娘にやってもいいやと、シンプルなネックレスを一つ購入。(結局娘の物に)
夫は、タイガーアイのブレスレットを押し付けられ、仕方なく購入。(家ではめてる)


★ 夕飯


海鮮鍋、おいしかったー。
一旦、ホテルに戻って休憩。

★ ナンタ
夜8時の部を観に行ってきました
おもしろかったよー。
youtubeで見たので、内容は知っていたけど、生で見ると迫力満点。
ショー自体も面白いし、観客を巻き込んでの演出は大笑い。


 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に韓国旅行記をお読みいただけます。

0

韓国に出発


★韓国旅行にシュッパーツ
おニュウの靴を履いたら、大きい。
試着の時、ちょっと大きいかなとは思ったけど、紐靴なので大丈夫と思い込んでいた。
しかし、歩くたびに、カポカポ、かかとが浮く。
紐を思いっきりきつく絞め、頑張って歩く。
だめなら、向こうで買おう・・・・・

★ 成田空港
安い外部駐車場に停める予定で、評判の良い民間駐車場を探していたけど、成田空港前の駐車場が、障害者割引が効くとのことこっちに停める。
ETCカードを抜いたり、キーホルダーをはずす手間もいらない。

さて、駐車場入り口はどっちだ?
南ウイングはどっちだ?
エスカレーターはどこだ?
旅行社はどこだ?
wifiレンタルはどこだ?
チェックイン機の次はどこだ?

空港はあまりにも広いので、常にキョロキョロ。

航空会社チェックインの時、流れがいいほうに並んだら、中国人団体専用のレーンだったようで、せっかく順番が来たのに別レーンにならび直し。

荷物を預けた後は、順路に添って進んだけれど、歩く歩く。
動く歩道もあったけど、歩く歩く。
歩くうちに、靴も足に馴染んできた。

飛行機に乗るまでにこんなに歩くとは・・・・
茨城空港の、コンパクトさの便利性が身に染みる。

★ 機内
座席は2-4-2の機種。
窓側の2人がけ席をゲット。
でも、上空は雲のじゅうたん。
あまり下界は見えなかった。

楽しみにしていた機内食。
【今までの同じ便と比べて】、えっ?
少ない、、


ソースカツ丼はご飯一膳分も入ってない。
容器の底が見えるのがお分かりでしょう。
おかずが豆腐。右上は水。
ビールもデザートもない。
機内食にこだわって、この飛行機にしたのに残念。

豆腐の手前にあるのは。コチュジャン。
2人で1本を分けて使って、1本は未開封のままお持ち帰り。

入国カードは、下書きを準備しておいたのでスムーズに書けた。

★ ソウル着
旅行社の人と無事に出会えた。
相乗り客は無く貸切車で明洞へ。

★ ホテル着
ホテルについてすぐにレンタルwifiの設定をしようとしたが、説明書が読めない。
老眼鏡を持ってこなかったから。

ここでモタモタしていては遅くなる。
仕方がないので、未設定のまま、電波オフモードで南山へ

途中で両替。
現金は少しあれば良いとのこと、1万円だけ交換。 増えた気がする!
2016-09-27 06.42.59

無料エレベーターとロープウェーで南山山頂へ。
(ロープウエーでありながら、ケーブルカーと呼ばれている)
ちょうど夕暮れ時で良い色の景色でしたわ

★ ソウルタワー

タワーにはのぼらず、周囲を散策。


★ 焼肉
ホテル前の焼肉屋へ。






焼き肉4皿と、ビール.マッコリ等を頼んだら、サービスにスンズゥブチゲをもらった。
夫は、「ご飯も注文しなくちゃ」とタイミングを考えていたのに、肉とチゲだけでお腹いっぱいで、もういいと。
お肉はやわらかくておいしかった。
キムチやナムル等のおかずも完食。

★ ホテルにて
酔って帰って、レンタルwifiの設定に再挑戦。
さっき見えなかった文字が読める。
酔ったほうが見えるんだね。
ホテルのwifiもセッティング。
お陰で、ブログが書ける

ソラリア西鉄ホテルは、お風呂が良い!
湯船の外で体が洗えるので楽チン。
テレビも日本の放送がそのまま放映されている。
夫は「日本で放送中の韓ドラ(字幕入り)」を見てた。


 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に韓国旅行記をお読みいただけます。

0

韓国旅行計画

私達は韓国時代劇が大好き。
再放送も、再々放送もじっくり見入ってしまうほど。

夫が、撮影セットがどのようになっているのか、しきりに気にしている。
「それなら、見に行こうか!」
3泊のフリーパックを予約し、現地オプションを組み入れる。

kankokuyotei.jpg




 検索ワードで、このページにいらした方は【ここをクリック】すると、日付順に韓国旅行記をお読みいただけます。