アクセス解析
カウンター
あっちこっち行きたい

あっちこっち行きたい

足腰が丈夫なうちに旅行をするのよ~
0

済州島に行ってきまーす

去年、韓国旅行の調査をしているときに、妙な写真が目に入ってきた。
コレ

なに?コレ?
調べると、済州島の突起部分、城山日出峰 であることを知る。
済州島は、美しい景色、おいしい食べ物、韓ドラのロケ地もある。
「実際に、見てみたい!!!!! 
よし、行ってみよう!!」

昨年の暮れに
「29年4月上旬、3泊4日で済州島フリーパック(成田発着)」
を予約しました。

ところが、現地オプションを研究中に、茨城空港のマイエアポートクラブのメルマガを受信。

何ですって ?!?!
「3月下旬 茨城空港発着 2泊3日 済州島ツアー」
が発売されるという情報が届いたのです。

うわー! うわー! 茨城から済州に行けるの ?!?!

2泊3日の場合、滞在時間が短くなるけど、「茨城空港発着」という魅力は捨てがたい。。。。
駐車料金がかからない。
出国(and 帰国)手続きも歩かなくて済む。
明るいうちに茨城空港に着陸するのも初めてのこと。
霞ケ浦が見えるかな?
どうしようどうしよう?

ジンエアーの評判も調べたら、評価も良い様子。
LCCなのに機内食(軽食)が出るのが魅力的。
更に、チャーター機は、サービスも良いはず。
どうしようどうしよう?

さんざん迷った結果、「茨城空港発着」を重視して、こちらに切り替えちゃいました。
茨城空港から海外旅行に行くわよー。

大統領の騒動も落ち着いたし、中国からのツアーのキャンセルが多いとのこと、観光地もすいているでしょう。
楽しんできます。

済州島序章 →このページ
1日目
2日目
3日目

0

済州島 1日目

 出発
真っ青な青空!!
旅行の出発時にこんなに晴れたのは初めて!
フライト雨女返上!

 茨城空港
茨城空港は駐車料金はタダ。
どこに停めても良いのだけど、旅行社から、「済州島旅行参加者用にスペースを確保しておく」と、駐車券をもらっていた。
でも、その場所は端っこの方なので、もっと近くに停めようと思って探したものの、満車。
あわてて参加者スペースに移動。
そのゾーンの良い場所に停められた。

空港内には、空港のキャラクター、おみたんと黄門さまもいた。
今回もお見送りしてくれるのかな?

2017-03-18 08.50.56

2階の展望デッキ
いつも、雨か霧で良く見えなかったけど、今日はクッキリ。(ちょっと雲が出てきたけど)
私たちが乗る飛行機が入ってきたところ。
2017-03-18 09.00.13

チャーター便参加者に配られた記念品
クリアファイル(中に、チラシが入ってる) ウエットティッシュ ボールペン どら焼き
2017-03-18 09.13.02


 搭乗
ターミナルから歩いて搭乗。
これが好き
2017-03-18 09.44.10

席は「29のEとF」
「後ろの方だね」と、頭上の数字を確認せずに、後ろに進み・・・
ふと、上を見ると36
え? と前に戻って行くと、29は最前列。
紛らわしい配列だわ。

でも!
この席は、バシネット(赤ちゃん用ベッド)が設置できるところ。
つまり、足元が広い広い。
楽チンだったー。

ただ、この席は手荷物を足元に置けない。
携帯だけポケットに入れて棚に上げてしまったので、あとで、入国カードを書くときにバッグを取り出すことに。
でも、通路側の人に気兼ねなく立てるのも良い所。

 機内サービス
軽食にバナナとマフィンと水
10時のおやつにちょうどいいね。
2017-03-18 10.34.01

 済州島着
荷物の受け取りを待つ間に、携帯の設定をしよう。
海外パケホのアプリから設定しようとしたが、うまくいかない。
あとでゆっくりやってみよう。

2017-03-18 16.37.40

写真は、トルハルバン
石のおじさん
島のあちこちで見かけます

観光バスで移動開始!
ガイドは、キムヒョンヒさん
「年配の方は御存じのとおり、あの航空機事件の人と同じ名前です。でもあちらは「賢い」という字を使いますが、私は違いまーす」とおどけて見せた。
挨拶もそこそこに、昼食レストランに向かう。

 昼食

アワビのビビンパ
おいしかった! 廻りの皆さんも必死におこげをはぎ取って食べてたし!
写っているおかずは2人分だけど、おかわりをもらえる。
2017-03-18 14.13.43


 東門市場
ホットク(おやきに似たオヤツ)のサービス
食事直後でもおいしくいただきましたー
中にあんこが入っていて、ほんのり甘い。

2017-03-18 14.50.03

焼き立て
2017-03-18 14.50.33

このあと、市場を見学。
果物ゾーンは新鮮。魚ゾーンも清潔で、おいしそう
でも、店のオバチャンたちは、とってもおとなしいの。
売る気あるのかな? と思っちゃうほど。
観光客は生ものが買えないから、無理に売り込まないのかな。


 トケビ道路
上り坂に見えて、実は下り坂
去年、久米島で見た、おばけ坂と同じ。
やはり、バスの実験と、自分で歩いて確認。
かなりの登り坂に見えるけど、下ってた。

バスがトケビ道路を出発して数十秒。
右手に、♂♀マークが描かれた建物が見えた。
アレがトケビ道路のすぐ近くと言うことを知っていたので、ピンと来た。
ガイド 「あ、右の方は見ないでくださいねー」
皆さん、一斉に右を見る。
ガイド 「あれは・・・(笑)」
のり 「エッチな博物館ですー」
ガイド 「そう、人間の・・・・・・・・・」 (よく覚えていない)

エッチな博物館の外壁だけ見えた~


 お土産屋
チョコなど少し買っておく

 ロッテ免税店
見るからに高級店
私たちには手が出ないかも・・・と見ていると・・・・・
店員「紫水晶どうですか?」
のり「去年ソウルで買った」
店「ご主人、タイガーアイはどうですか?」
夫「ソウルで買ったの使ってる」
店「もう一つ持っててもいいですよ。これ3000円」

店員が出したタイガーアイブレスレットを見て、二人で 「きれいだね」と言ってしまった。
夫が使っているのより、確かに魅かれる色具合。

の「どうする? もらって行く?」
店「お買い上げなら、このネックレスサービスしますよ」
の「え? え? これをくれるの?」
店「奥様は、(首が太いから)長いチェーンの方がよさそう。それもつけるわ」
の「そ、そ、それなら」
お得な買い物でしたわ

【あとで写真】

ガイドさんの話では、
「今日はゆったり買い物ができて良かったです。中国人の団体がいると、身動き取れないほどですよ」と。


 龍頭岩(ヨンドゥアム)
龍の頭に見える(かもしれない)岩
ガイドさんも、「龍?と首を傾げたくなるけど・・・」と言ってた。

2017-03-18 18.28.12

 夕食
海鮮鍋
この鍋は4人分。左のおかずは2人分ずつ用意されている。
鍋は辛くないのでおいしい! 4人で完食
ビールは1本500円。
2017-03-18 18.39.08


 ホテル
ニューアイランドツーリストホテル

8時にホテルに到着
シンプルなホテルだけど、寝るだけなら充分。
アメニティも固形石鹸とシャンプーだけだけど、それで充分。
冷蔵庫にステンレスポットで冷たい水があったのがありがたかった。

さて、今日のブログ(速報版だけでも)を書かなくちゃ。
タブレットは、ホテルのWIFIにつながった。
しかし、ブログにログインできない。
ログイン保持状態で持ってきたはずなのに、なぜかアウト状態。
パスワードを入力してログインしようとしたら、
「怪しい環境からのアクセスなので、認証コードを入力せよ。コードはメールで送った」と表示。

でも、そのアドレスのメールは、夫のパソコンでしか読めない。
旅行中にこの日記は書けなくなってしまった。
(親しい友人には、メモを読んでもらう手段はあった)

フェイスブックでいくか?
写真をアップするには、携帯をなんとかせねば・・・・・
ホテルのWIFIには一応つながるけど、たびたび圏外になる(笑)

海外パケホのアプリで、接続を試みるが、「できません」とか、「アプリの強制終了」とか・・・・おかしい!
アプリをアンインストールして、自力で設定してみたら、つながった!!
ただ、パケホ対象業者に設定できたのかが不安で、使わない時は「機内モード」で過ごす。

写真が自動的にdropboxに転送されるので、タブレットでも写真が使える。
これで一安心

テレビは、韓ドラ見放題
でも、字幕が無いのでわからない。
しかし、「トンイ」をやってるチャンネルを発見。
これは何度も見ているので、内容はわかる。
子役から大人になるところ。
だいたい、何を言ってるかわかる(笑)。


済州島序章
1日目 →このページ
2日目
3日目

0

済州島 2日目

 朝食
アワビ粥
ホテル近くの食堂で朝食
ソウルのアワビ粥はみじん切りだったけど、ここはスライスアワビ。
歯ごたえを感じながら食べられた。

2017-03-19 08.14.22


 万丈窟 (マンジャングル)
火山噴火でできた洞窟。世界遺産

2017-03-19 09.39.41

カメの形をした岩
2017-03-19 09.46.49

地面がこんな感じ
足元を見ずには歩けない。
それでも何度もつまづいたり、足を取られたり、転びそうになった。
2017-03-19 09.41.10

この洞窟は一般公開されれるのは、1km
「体力と相談して、行けるところまで行ってみてください」とのこと。
一番奥まで行ってみた。
よし、戻ろう! と時計を見たら集合時間の23分前。
足元の悪い中急いで戻って、トイレに寄って、バスまで走ったら、ちょうど集合時間。
でも、半数以上戻っていなくて、その後、皆さんも息を切らして戻ってきた。
あと10分必要だったわね。


 サングムブリ
旧噴火口周囲が散策路として整備されているところ。
大きなくぼみ、この写真だと分かりにくいけど。

2017-03-19 11.04.25

 昼食
アマダイの焼き魚定食

2017-03-19 11.51.51

チヂミも追加注文
ふんわりしておいしかった 1500円
2017-03-19 11.55.17


 城邑(ソヌプ)民俗村
チャングムのロケも行われた場所。

2017-03-19 13.40.32

このオバチャンが説明してくれたのだけど、面白い面白い。
吉本芸人としてステージに上がっても大丈夫

2017-03-19 12.35.56

オバチャンは面白く健康管理の話もしたけれど、最終目的は健康食品の販売。
黒オミジャ茶、冬虫夏草サプリ、馬骨サプリを勧めてくる。
冬虫夏草はかやぶき屋根から発生してくるらしい。
糖尿、高血圧、内臓脂肪にとっても良いんだとか。
全員に試食させてくれた。
2017-03-19 13.15.02
そして、私に、しつこくしつこくしつこく勧めてくれる。
お勧めしたい体型だものね。(事実、糖尿、高血圧の薬は飲んでるし=白状はしなかったヨ)
でも、1瓶5万も6万もするのは、買えないよねー。



 菜の花畑

日程表では、ソプチコジ(韓ドラ、オールインのロケ地)に行くことになっていたけど、この時期は菜の花畑に案内と言うことで、行ってきました。 (今、ソプチコジは何も無いんですって)
一面まっ黄色で、きれいきれい。素晴らしかった~

2017-03-19 14.11.31



 城山日出峰 (ソンサンイルチュルボン)
菜の花畑の脇から海に出ると、思わず、「うわー、スゴイ!」と声を上げた!
海と、城山日出峰の景色がすごすぎる



上空から見るとこの景色
海にポコンと突き出てる


2017-03-19 14.20.16

2017-03-19 16.10.38

山に登る前に、飲み物を買わなくちゃと思っていたのに、バスを停めたところから入場口までは売店の前を通らず、買えなかった。
団体で人数を確認していたのでそこから離れるわけにもいかず、そのまま入場。
情報収集時に読んだブログに、「ここが最後の売店」とあったので、もしかしたら、この先にあるかも・・・・
のどの渇きを覚えながら、進んだら、山の中腹に小さな売店発見。
「冷たいお水どうですか~」と日本語の声。
良かった~ 水分をゲットできた~


2017-03-19 15.08.20



2017-03-19 15.20.22

DSCN2126.jpg



 夕食
焼肉
1皿で2人分 これを食べきったあとに1人前追加(1700円) ビールは2本で800円(昨日より安い)

2017-03-19 17.39.20

網は4人で使用
2017-03-19 17.52.52-1

冷麺も1人前注文してみる。
さっぱりしておいしい。
2017-03-19 18.24.43


済州島序章
1日目 
2日目 →このページ
3日目

0

済州島 3日目

 朝食
ウニワカメスープ
スープが丼で出てきた。
「ご飯をスープに入れてもいいですよ」とのこと、混ぜてみたらおいしい!
2017-03-20 08.21.59


 買い物
ここで最後の買い物タイムとのこと、バッグの隙間を埋める程度の買い物。
石鹸コーナーをウロウロしてると、「シミとり石鹸、良いですよ」と、行く手を阻まれた。
「う~ん、シミは気になってるけど~」
後ろからガイドさんまで、「それ、とてもいいですよ」
「3個セットがお得なのでこれにしましょう」と、カゴに入れてくれちゃった。

 柱状節理帯
雨が降ったりやんだり、風も吹いている。

写真じゃわかりにくいけれど、4角柱、6角柱の岩の柱が並んでるところ。
海側から見ると、くっきりはっきり見えるらしい。(遊覧船が出てる)
去年、久米島で見た、「カメの甲羅状の岩」が立体的に見られる状態。
その甲羅岩も、その形のまま地下に続いてるらしい。

2017-03-20 10.42.34


2017-03-20 10.42.51



 天帝淵瀑布

雨で霞んでよく見えない。
三段の滝とのことだけど、茨城県人は「袋田の滝は四段だぞ~」と自慢。
2017-03-20 11.18.58

橋の欄干に天女の絵が彫ってあるけど、この橋の外側がとても素敵らしい。
撮れるところまで行けなかったので こちらを参考に
2017-03-20 11.19.49



 昼食
サムゲタン

鳥が1羽丸ごと入ってる。 一度食べてみたかった。
自分で塩味を調節できるけど、中盤から苦しくなる。
おかずを適宜乗せて食べれば最後まで飽きずに完食
2017-03-20 11.45.45

済州の食事7回は、どれもおいしかった。
ソウルより辛くないからかな。胃にもたれず、胃薬の世話にもならなかった。
テーブルが4人掛けなので、食事のたびに仲良しになり、話も弾む。
最終日には和気藹々の食事光景でしたね。

食事時の追加注文は、韓国ウォンでも日本円でもOK
しかも5000ウォンが500円で計算も楽チン

 空港
免税店以外の買い物は、税金が戻ってくるので手続きをするように言われ、「少額でしょ?」と思いつつも、レシートを提出。
ドルか韓国ウォンか選べるけど、ウォンでもらうことに。
13000ウォン(約1300円)戻ってきた。
次回、また使おう(?)

旅行前に済州空港を調べていたら、中国人のゴミ問題のことが書いてあった。
彼らは、箱を捨てて中身だけ持ち帰るらしい。


今は中国人団体は少ないものの、やはり、その現象はあるようで、「中国人用荷物再梱包スペース」が用意されてた。
囲いの隙間から覗いたら、まさにその状態だったわよ。

 搭乗
席は、往路と同じ最前列。 足、のびのび~
もしかして「並び席確約」の追加料金を払ったからか、(他の皆さん、そんなの払わなかったらしい)
夫の、障がい者の安全確保で良い席にしてくれたのか?

(申し込み後に旅行社から、「ペースメーカーのことは、航空会社、現地ツアー社に伝えておく。それよりも、このツアーの参加自体大丈夫か? たくさん歩くけど?」と、問い合わせがあった。
「大丈夫、健常人より元気ですよ。何の配慮も要りませんから」と伝えておいた。

雨の中を離陸。すぐに雲の中に~
機内サービスは、おこわのおにぎり(お菓子に近い味)とマフィンと水。
カメラは棚に上げちゃったので、写真撮れず。

帰りはかなり揺れた。
今までで一番揺れたかも。

 茨城空港
茨城空港に着陸する際、一度県北の方まで行って南下するので、茨城の上空を飛ぶことになる。
茨城空港に明るいうちに着陸するのは初めてなのでワクワク。
県庁を見つけてやるぞと思ったけれど、霞んでよく見えず。
定刻に、無事に着陸。
帰りは2時間かからないから、近いよね。

徒歩でターミナルに入って、パスポートにハンコ押してもらって、荷物受け取って、税関通るまで、あっという間。
空港がコンパクトなので、とても助かる。

荷物を待つ間に、携帯の設定を日本用に戻した。
うちは、預け荷物に蛍光黄色のバンダナを結んであるので、見つけやすい。
うちの荷物が流れてきたとき、横の人たちが
「あの黄色はわかりやすくていいね」と、褒めてくれてた。

車に荷物を積んで、家路へ。
その時夫が、「平和な所だったな。もっと居たかったなあ」とつぶやいた。

の「ホントは3泊したかったけど、茨城発着の2泊を選んじゃったのよね」
夫「成田は遠いからな」
の「茨城からの済州便は年に3回くらいある。次回、自由行動タイプを申し込んで、好きな所(射撃場など)に行く手もある。行く?」
夫「あ、あぁ」

よし、夫はまた行きたいと、解釈しておこう。
韓国のお金も残ってるし!
でも、済州島は、思っていたより広いことがわかったので、個人で移動する際は時間の計算を確認しないと!

帰宅後、すぐに入浴。
体重を量るのが怖かった。ガッツリ食べたからなあ。
しかし、出発前より減っていた。(喜)


済州島序章
1日目 
2日目
3日目 →このページ

このカテゴリーに該当する記事はありません。