アクセス解析
カウンター
あっちこっち行きたい
FC2ブログ

あっちこっち行きたい

足腰が丈夫なうちに旅行をするのよ~
0

能登半島

茨城空港発着のチャーター便が大好き。
FDA(フジドリームエアラインズ)の小型機ならもっと大好き。
7月4日に、読売旅行のFDA機利用ツアーに申し込みました。
(旅行は11月13日~15日)

すると、その直後に、クラブツーリズムからも、FDA機利用のチャーターツアーが発売されました。
11月22日~23日の能登半島。
う~ん、行ってみたい。。
でも2週続けて飛行機旅行なんて・・・・・・・
さあ、どうしよう?

一番の難点は、午後の出発と言うこと。 もったいないなあ。
広島からのチャーター到着便を使うので、出発が遅いのね。
このツアーに行こうかどうか迷ったけれど、新幹線で遠回りしていくより良いか・・・・
申し込んじゃった。

22~24日行ってきまーす。


 検索ワードでこのページにいらした方は、【ここ】をクリックすると、能登旅行記を日付順にお読みいただけます。

0

能登① 加賀温泉

 出発
飛行機の出発時間が遅いのでゆっくりと自宅を出るつもりだった。
空港でお昼を食べたらちょうど受け付け時刻になる頃に。
11時に家を出ても充分に間に合うのに、夫は「早めに行って、向こうでゆっくりしよう」と10:20に家を出た。

 茨城空港
空港の駐車場に着いたのは11:05 ちょうど那覇行が飛び立つところだった。
駐車場を歩きながらその飛行機を見送って・・・・・
ターミナルに足を踏み入れたら・・・・誰も居ない
夫は、「今日、やってるのか?」と心配するほど。
水曜日は上海便が飛ばないので、
「次の出発便は、18:40 札幌行」
「次の到着便は、17:50」
誰も居ない時間帯だわ。。。

2階に上がったら、数人いた。(笑)
まずはお昼を食べよう。空港の食堂で食べるのは初めてのこと。
私はタンメンを。
空港の会員カード提示で5パーセント引き。これも初めて使う。
2017-11-22 11.26.03

食べていたら、暖かそうなコートを着た人たちがチラホラと。
きっと、同じチャーター便に乗る人たちだわね。

ターミナル内にはねばーる君関連のものがいっぱいあるんだけど、これはどぉ?
ここに顔をだしても(笑)・・・
2017-11-22 11.45.49

茨城は、ガールズパンツァーの聖地。
空港内にもパネルなどたくさんあるのだけど、タラップ車もほら、ご覧の通り。
この週末にお目見えしたらしい。
2017-11-22 13.22.07

今回のFDA機は、オレンジ色。
茨城空港に珍しい飛行機が飛んでくると言うことで、送迎デッキや滑走路脇にはカメラを持った人たちも。
出発時には送迎デッキにたくさんの小学生がいたのだけど、黄門さまとおみたんも子供たちと一緒に見送ってた。
搭乗客より子供たちとの触れ合いを優先したのね?
2017-11-22 13.23.25

チャーター記念品は、先週の品々+ホッカイロ2枚
2017-11-22 13.09.19

空港のFBに、離陸時の動画がありました。
黄門様と見送りの子供たちが手を振ってます。
これ

 機内
今日は、雲の上と言うよりも「雲の中」を航行。
外が何も見えない状態。それでも外を見ようと夫を押しのけて窓を覗いていたら・・・・
CA「外が見えませんね。申し訳ありません」
の「いえいえ、謝らないでぇ。先週の種子島便では富士山が見えました」
CA「まあ、先週もご利用を?」
の「FDA機が好きで、去年も久米島便に乗りました」
CA「それはありがとうございます。1便目の方ですか?」
の「いえ、2便の方で」
CA「私も茨城出身なので、茨城便に乗るのが嬉しいんです」

ここで、シートベルトのサインが出たので終わりにしたけど、CAさんとお話しちゃった。

 小松空港
到着時、空模様が怪しいので、傘をスーツケースから出しておく。
すぐに出せるところに入れておいたので、OK。

バスのガイドさんが楽しい方。
顔・体型=上沼恵美子タイプのイメージ
声・口調=上沼恵美子の喋りをソフトにした感じ。
案内も上手だけど、常時笑わせてくれましたよ。

さて、観光開始。
今日は空港近くの名所を一か所だけ。

 那谷寺(紅葉が美しい名刹)
雨はポツポツ降っているけれど、傘は差さなくても歩ける状態。(傘さし率80%)
紅葉はピークを過ぎてはいるものの、まだまだ楽しめる状態。

2017-11-22 15.40.09

2017-11-22 15.45.24

2017-11-22 15.44.15

2017-11-22 15.51.37

2017-11-22 15.52.35

2017-11-22 15.52.53
紅葉と奇岩の景色が素晴らしい。

 加賀温泉郷・加賀観光ホテル
とりあえず、部屋でシャワーを浴びて浴衣に着替え。
あとで、温泉に入ろう。

 夕食
食事の量も質もスゴイスゴイ。
ズワイガニが、一人一杯着いている。
ガイドさんが言うには、「カニは剥きながら食べるのは効率悪いですよ。カニの甲羅にむき身を貯めてから食べましょう」とのこと、今回はそのように。
カニ足には切れ目が入っていたので、あとはハサミとカニフォークで分解完了。
2017-11-22 17.56.47

2017-11-22 17.56.32 →身をほぐして→ 2017-11-22 18.18.11

2017-11-22 18.18.23 2017-11-22 18.31.19 2017-11-22 18.46.35 

2017-11-22 19.10.14 2017-11-22 18.59.31 2017-11-22 17.57.02

生ビールもグラスじゃなくジョッキなのだけど、3杯も飲んじゃった。
なので、今宵は温泉は断念。



noto1.png


 検索ワードでこのページにいらした方は、【ここ】をクリックすると、能登旅行記を日付順にお読みいただけます。

0

能登② 金沢

今日の予定は盛りだくさん!!
金沢周辺を廻ります。

noto2.png

金沢周辺が重なっているので拡大。(九谷焼の店が抜けてるかも)
noto2b.png



 朝食
右の皿は和食中心。
左の皿は・・・・まだ余裕が・・・・
サラダ類を載せた後、「洋食系はどこ? ベーコンやウインナーはどこ?」と、キョロキョロしたのだけど、夫が「もういい、もういい」というのであきらめて着席。
しょっぱい物ばかり集めちゃった。
2017-11-23 07.04.57

 鶴仙渓(芭蕉が愛した渓谷を各自散策)
予定では、1.6kmのコースが散策可能ということだったけれど、先ほどまで雨が降っていたので、滑って危険ということで、きれいな橋(あやとり橋)に出るコースを短時間だけ散策。
2017-11-23 08.37.08

2017-11-23 08.37.46

2017-11-23 08.44.03

あやとり橋
2017-11-23 08.42.33

散策時間が短かったので、商店通りも歩いたけれど、朝早いのでほとんど閉まってる。
集合場所には足湯もあったけれど、ハンカチしかないし・・・足が拭けないのであきらめ。
手持ち無沙汰でウロウロしていたら、9時ちょうど、目の前のからくり時計が踊りだした!!
グッドタイミング。
2017-11-23 09.00.55


 九谷焼窯元
今は九谷焼を大量に扱う店も少なくなったそうで、団体がドンと入れる店は数店とか。
満月に案内される
先に小部屋に通され、社長から九谷焼の歴史や人間国宝の、徳田八十吉、吉田美統について説明。
高級品ばかりじゃなく、普段使いの商品もさりげなく宣伝。
いや、話が上手で聞き入ってしまいましたよ。

そして店内へ。
人間国宝の作品は素晴らしかった。
色がきれい。
普段使いの食器もステキ。買える価格の物もある。
でも、我が家の食器は引き出物でいただいたものと、100円ショップで仕入れたものであふれてるから・・・・・

何も買わずにバスに戻ったのだけど、お店から全員に招き猫のプレゼント。(箸置きにもなる)
黄色は金運上昇、ピンクは恋愛運アップだとか。(紙が撚れたままですが)
2017-11-25 09.25.51


 近江町市場(自由昼食)
バスは11時半に到着。早めの到着は大正解だと思う。
休日お昼頃の市場は大混雑と聞いているから。
市場の入口に差し掛かった時、すぐ横のすし屋のお姉さんが、
「どうぞ~、すぐに入れますよ~」と声を掛けている。
私たちの前を歩いてた人たちが入ったので、我々も続いた。
そして、もちろん海鮮丼。
2000円の物を注文。ついでにグラスビールも注文
2017-11-23 11.45.45

あれ? 見本の写真よりちょっと薄切りのような気もするし、量も少ない気がする。
目の錯覚かな。
食べ終わったあとも物足りなかった気持ち。

web上の写真
kaisen.png


それに・・・・見えてしまったんだけど、大きなトレイにたくさん切り置きしてあった。
5~6人分というレベルじゃなくもっともっとだな・・・・・

まあいい、市場内で食べ歩きをしよう。
うわっ、寿司、海鮮丼の店前はどこも長蛇の列。
ここに並んだら、集合時間が心配になるとこだった。

牡蠣やエビを店頭で食べようかと思ったら、た、た、高い!
牡蠣1個、5~600円もする。
佐世保で8個、1000で食べた記憶があるので、これは手が出ない。
エビなら、今晩食べられるかもしれない。
海産物は、明日、輪島の朝市で買おう。
結局、食後の散歩で残り時間を消費した。

 長町武家屋敷跡
まずは、オプション料金を支払って、武家屋敷内を見学。
2017-11-23 13.15.31

屋敷の中庭
2017-11-23 13.19.07

外に出て周囲を散策
ちょうど人力車が通りかかったので、良い雰囲気。
でも、もうチョイ、オサムライさんをイメージする演出があってもいいような。
屋敷に入らなかった人は退屈だったかも。
2017-11-23 13.37.28

 兼六園
さっきまでは、傘を持ち歩いていたけど雨に降られることは無かった。
空はさっきより明るい。ええい、傘は置いていけー。

2017-11-23 14.13.56

2017-11-23 14.24.26


2017-11-23 14.21.02
池に青空が映っている写真を撮ったあと、数分もしないうちに大粒の雨。
近くの売店に逃げ込んだ。
でも雨はすぐに上がって、もう一度散策へ。

kenroku.png
これ、毎度おなじみのウォーキング管理アプリ。
旅先で歩いた記録も取れるけれど、わかりにくい場所の自由散策の時、集合場所に戻ってこられるのも良い。
これは、スタートから売店に逃げ込んだときの経路。(この売店からスタートした)
もう一つ「地点記憶のアプリ(大駐車場のどこに車を置いたかわかる)」を入れてあるけど、使ってない。

 ひがし茶屋街
茶屋街の広場で「加賀鳶」の実演が行われていた。
見にくい写真だけど、梯子乗りやってます。
2017-11-23 15.34.14

この通りは小さなお店がたくさん並んでいて、私達にとっては見応えも無いので、スイーツでも食べながらお茶を・・・
と思ったけど、ドリンク系の店は満席。
雨が降ったりやんだりしていたからね。
2017-11-23 15.41.35

ザーッと降って、パーッと晴れたら虹 (大通りの方で)
2017-11-23 15.51.42

 和倉温泉・日本の宿のと楽 能登倶楽部
本館と別館が2棟あるホテル。
当初の予定では、別館の 能登倶楽部 に全員泊る予定だったが、全室押さえられず、一部の人たちが本館泊となったらしい。
「申し込みが早かった人が本館」とのこと、私たちは本館泊。
これはラッキー。
食事会場や大浴場が本館なので、別館から歩いてくるのは大変と言うことを知っていたから(クチコミ読みまくり)

の「さあ、食事前に温泉入ってこようか。男湯が1階で、女湯が2階。帰りは一人で帰ってこられる?」
夫「ダメ」
ということで、今日も部屋のお風呂で。

いつもそうなんだけど、夫は、ホテル内を一人で歩けない。
鍵を2個渡されるホテルでも、浴場の外で待ち合わせて部屋に戻ったり・・・・・・

 夕食
2017-11-23 18.56.57

2017-11-23 19.15.05

このほかに、ごはんとみそ汁があった訳だけど、おかずだけでもおなかいっぱい。
ごはんは遠慮しようかと思ったけど、「おいしいお米」と説き伏せられ、頂きました。
あ、瓶ビールを2本も飲んだのも、満腹の原因か・・・
私の手元に2本目を運んでくれた仲居さんも、「奥さん、イケル口ですねえ」と笑ってた。
この料理の、エビの数を数えてみて。
ここに5本。茶わん蒸しにも入っていたかな?
食べごたえありましたー。



 検索ワードでこのページにいらした方は、【ここ】をクリックすると、能登旅行記を日付順にお読みいただけます。

0

能登③ 輪島

今日は北部の方へ!
noto3.png


 朝食
珍しく、和食膳の朝食。
え? これが朝食? 夕飯と言ってもおかしくないレベルの食事。素晴らしい。
2017-11-24 07.00.23

 「能登島大橋」 ~~ 「ツインブリッジのと
上の地図で、「和倉温泉」の文字の下に「能登島」があるんです。
事前調査でばっちり調べておりまして、島にかかる橋がとてもきれいなんですよ。
ホテルのすぐ近くなのにどうして渡らないのかなと思っていたら・・・・・

バスが出発するや否や、「朝の挨拶より先にちょっと連絡が」と、切りだしたのがこの話。
「お天気も良くなってきたので、ドライバーから提案がありまして、能登島に渡って島の海岸線をとおって向こう側の橋で半島に戻るルートで行きます」とのこと、私は拍手しちゃいましたよ。

窓ガラスが拭いても拭いてもすぐに曇ってしまうので写真は撮れなかったけれど、橋自体の外観、橋からの景色、とてもよかったー!

 輪島朝市
ホテルを出てから約1時間。
良いお天気の中、海岸線などきれいな景色を眺めながら輪島方面へ。
でも、到着直前、空が急に暗くなり、バスを降りた途端に、「バチバチバチ」
あられ混じりのみぞれと強風。
ひっくり返った傘を何度も直しつつ、市場通りへ。

まずは、お土産引換券を使うために、店舗を構える土産物店へ。
おお、暖かい。
そこで、輪島塗のお箸をもらい、ひじきふりかけの一口おにぎりをもらい、メカブ茶を飲み、トイレに寄って、店内をブラブラ。
青空が見えてきたので、外に出たらまた風雨。
写真が撮れそうな場所を求めて少し歩いたけど、露店は少なく傘ばかりが写りそう。
しかも傘を差したままシャッター押せる状態じゃないし、結局、朝市の写真は1枚も無し。

 白米千枚田
朝市の場所から20分。
なんと、到着直前に見事な青空が広がった。
奇跡の写真ですよ。
2017-11-24 10.28.10

ここの売店で有名なのがピンクのタイ焼き。緑(よもぎ味)もある。
米粉を使ってるのでモチモチの食感。
2017-11-24 10.34.12

そして、オプションのお弁当。
昼食会場に入って食べる時間が無いので、車内で食べるお弁当となった訳。
右下の四角いピンクは「ますのすし」。コレ、好きなのよ。
おかずもいっぱいで食べごたえありましたん。
紙パックのお茶がついて1000円。
2017-11-24 11.06.11

 のと鉄道(絶景ローカル線
穴水駅から能登中島まで乗車

穴水は遠藤関の出身地。
駅前には幟がはためき、駅には等身大パネル。
2017-11-24 11.39.33

もう一枚、顔はめパネルがあった。
穴に顔を入れると、関取にお姫様抱っこしてもらえる。
撮ってもらえばよかったかも。

「花咲くいろは」ラッピング列車
2017-11-24 11.48.50

2017-11-24 11.53.47

コレに乗る前、添乗員さんから、「今日はバス3台分の団体が乗るので、席は争奪戦になると思います」と聞いていたので、私たちはあえて最後に乗った。
ツアーの中で、最も若い部類だと思ったので、座らない方がいいと思ったから。
でも「異例の3両編成」となっていたので、立っている人は、1車両数人。
ドアの窓にへばり付いて、良い景色を堪能しましたよ。
でも、列車を降りた途端に、バチバチバチ!! あられのみぞれ。

団体入場したので各自の切符は無かったのだけど、乗車証がもらえた。切符より良いかも。
2017-11-25 08.04.57

 千里浜レストハウス
最後の立ちより先。
飲み物を買おうとしたのだけど、無性にソフトが食べたくなっちゃった。
外は寒いのに・・
2017-11-24 13.21.51

 千里浜なぎさドライブウェイ
2017-11-24 13.31.21
海岸をバスで走る予定だったけれど、ほれ、この状態。
波が高くて、走行不可。
皆も、天気の状況からあきらめはついている。

 小松空港
帰りの飛行機は、紫色。
2017-11-24 15.22.12

これでFDA機 4色に乗れた。
久米・宮古 シルバー  シルバー グリーン  
種子島   グリーン グリーン
小松空港  オレンジ  パープル

小松空港から茨城に向かう場合、富士山の近くは通らないと思っていたのに、見えた―!!!!
肉眼ではもう少しきれいに見えたのよ。
2017-11-24 16.18.08

 茨城空港
2017-11-24 17.01.09
空港の玄関を出たのがちょうど5時。
筑波山のシルエット。

 帰宅
帰路、夕飯用のお弁当を買って無事帰宅。
途中で外食しても良いのだけど、片方だけ飲むわけにもいかないので、家でゆっくり食べます。

旅行中、一つ気になってたことがあります。
家の鍵がバッグの中に無かったこと。
普段、ちょっとした外出の時は、秘密の鍵置き場にポンと入れておくので、今回も無意識にそこに置いてきたかも・・・・
と、さほど心配はしてなかったんです。

しかし、鍵置き場に無かった。
と言うことは・・・・・・・
玄関(裏口です)に走ると・・・・・・・
2017-11-26 06.42.17
この状態。(明るいときに撮った再現シーン)

ああ、そういえば、鍵をかけながら、靴ひもを結び直し、「車を車庫から出さないと、助手席ドアが開かない」と、急いで降りて行った覚えがある。
ここは、車庫の2階の裏側ドアなので、人目にはつかないけど・・・・
全く不用心なことを・・・・・・・
(これをやったのは、初めてじゃない)

もう一つドキドキするのがお金の計算。
出発前の財布の残金から、帰宅後の残金を差し引いて、レシートチェック(自販機はメモ書き)
あれ? 10円多い。
でも、心当たりはある。
自販機で、160円のお茶を買うとき、10円玉を先に4枚入れ、100円を入れたら返却口で音がした。
そこから取り出した100円と10円を再投入して、財布の10円を入れたらランプが点灯。
財布から150円しか出してない気がする。
でも買えちゃった。
前の人が忘れていったんだねー。

お金のことは、毎回詳細に記録しているけど、ビールの支出率が非常に高い。
ここにも書いておこうか。

           1泊目   2泊目   3泊目   真昼間
ミステリーツアー  2491  1000  2644   500
屋久島       2852  2852
能登        3500  2592       800




 検索ワードでこのページにいらした方は、【ここ】をクリックすると、能登旅行記を日付順にお読みいただけます。

このカテゴリーに該当する記事はありません。