アクセス解析
カウンター
あっちこっち行きたい
FC2ブログ

あっちこっち行きたい

足腰が丈夫なうちに旅行をするのよ~
0

韓国準備

茨城空港から韓国への定期便が出るとのこと、気になって気になって気になって気になってしょうがない。
定期便とはいえ、期間限定かもしれない。
行くなら、今年の秋だろう。
ちょっと、シュミレーションしてみる。

(火)(木)(土)の、週3便なので、往路と復路の組み合わせが重要。
茨城出発は夕方なので、初日はホテル直行で、どこも観られない。
土曜出発→火曜帰国の場合、現地のオプションツアーが少ない。特に月曜日は探すのが大変。
火曜出発→土曜帰国の場合、4泊で贅沢だが、たっぷり観光できそうだ。

興味あるオプションを絞って行くと、集合場所が「ロッテホテル2階」や、その隣の「プレジデントホテル」というのが多い。
その周辺のホテル、いや、洗濯機つきのコンドミニアムタイプの宿を探す。
でも、無いので、プレジデントに目をつけておく。
ロッテは高級すぎるけど、こちらなら庶民も泊まれそうだ。

フライト便とホテルを仮決定して、予約シュミレーション。
正規旅行社や、旅の比較サイト、航空会社直接申し込みなどで、予約入力の練習をしてみる。
飛行機は直接申し込めば、座席指定や機内食の予約もできるらしい。
更に、ホテル予約も一緒に出来るとか。
こっちのルートで行ってみるか・・・・

フライト、ホテル、オプションが、頭の中でつながった。
どうしよう? 行こうかな? やめておこうかな?
せっかく、茨城空港から飛べるんだ! 行っちまえ!! ポチッ。

ホテルの予約書を見て、あれれ? 朝食が1人分?
確かに 「朝食付き」を選んだものの、安すぎると思ってた。1人分の料金だったのか?
2人分コースに変更しよう。

え? 朝食レストランは7時から?
集合場所が近いとはいえ、ゆっくり食べていられない。
夫は、朝食後にトイレにこもる人だし。。。。
朝食無しのコースに切り替えて、コンビニでパンでも買ってこよう。
最終日だけレストランでゆっくりがっつり食べよう。

一通り予約をしたところに、お気に入りの旅行社からパンフレットが届き、韓国ツアーも載っていた。
私たちが出発する翌週、3泊ながらなかなか良いコース取りなので(私たちが行こうとしているところも入っている)、こっちでもいいかなと思ってホームページを見たら、「満席」
初日で満席なんて・・・・・とあきらめて、自分の計画を煮詰めることに。

① 扶余・百済
② 江原道(原州・春川)
③ 国境線ツアー + ショー鑑賞
これで行ってみよう!!

kannkokutizu.png 

0

夕方便で出国

仁川からの折り返し便なので、夕方の出発。(17:10)
到着が遅くなってしまうが、仕方がない。
茨城空港から出発できる分、とても楽なのでそれでもいいのだ。
 
 出発
2時に家を出る。

 茨城空港
3時前に到着したが、すでに受け付けは始まっていて行列は無し。
あっという間にチェックイン完了
送迎デッキに出てみるが、飛行機は一機も見えない。

2018-10-16 15.17.53 

「お茶でも飲もう」と、中の休憩所へ。
窓越しに外を眺めていたら、自衛隊機の離着陸が見えた。
そのうちの一機が、離陸後、地上スレスレのまま飛んでいるので「ん?」と思ってみていたら急に直角急上昇。
「ええっっ!! 今の何?」と、2人でデッキに飛び出した。
真横になって旋回したり、タッチアンドゴーをしたり、「おーっ」と見入る。
良いものを見られた。
そう、この空港は、自衛隊の訓練を見られるのが良いところ。

4時に仁川からの機体の着陸シーンを見てから、出発ロビーへ。
保安検査場から、数歩の移動で出国審査。
そこから数歩で待合室。
このコンパクトさが最高。


さあ、いよいよ出発。
2018-10-16 16.33.16 

2018-10-16 16.40.59

座席は予約可能範囲の一番後ろ。(後部2列は空けておくのでしょうね)
指定料金(500円)払ったおかげか、2人だけで座れた。
隣に誰も来ないことを祈って、最後尾を予約したのね。
後ろにいないので、リクライニングも使える。

入国カードが配られ、用意しておいた下書きを見ながら書き始めたら・・・・
ありゃ、違う。
カードが新しくなったとのこと、新しい書式を印刷して下書きしておいたのに、古いタイプが配られたのだ。
簡素化された記入欄だったのにー。

 夕食
LCCなので、機内食はない。
事前予約できるものがあるので、2種類のサラダを頼んでおいた。
スモークチキンのサラダはおいしかったけれど、夫のビーフは歯ごたえが充分すぎてギブアップ。肉部分を交換してあげた。
主食は コンビニおにぎり。
ビールは機内購入。
2018-10-16 17.34.47


 仁川空港
着陸後、電子機器使用OKとなるやいなや、すぐにwifiルーターの設定。
最後尾席なので、時間はたっぷり。降りるまでに2台のスマホの設定完了。
(古い方は電話機能は切れてるけど、写真サイズがブログに適しているので、こちらを利用。
wifiでdropboxに保存されるので便利)

LCCは、沖棟(コンコース)に停まるのでシャトルトレインで本棟に移動。
ホームは、ガラス扉があって安全。
2018-10-16 19.41.43

2018-10-16 19.43.08 
トレインがどの辺にいるかわかる。

入国審査時、パスポートにスタンプは押さずに、証書の発行なんですって。
はさんでおいても落としそうなので、帰宅するまで別保管してた。
スタンプのほうがいいのになぁ。
2018-10-21 06.49.22  

入国審査を終えて、荷物テーブルに行くと、私たちのスーツケースだけが回転してた。
飛行機から最後に降りて、トイレに寄って、両替所で3人待ちして、入国審査の行列では並びなおしたので数人分のロス。かなり遅れてしまったから。

 列車移動
長い通路を渡って、列車乗り場へ。(動く歩道有り)
直通列車と各駅列車は、切符売り場が離れている。
直通は本数が少ないので、場合によっては各駅のほうが早く着くこともあり、乗り換えが楽チンであることも知っていた。

さて、どちらの切符売り場に行こうか? 8時48分の直通があるはず。
時計を見て、30分待ちはキツイと思いつつも。直通でOKと判断する。
券売機は日本語にも対応しているので、「ソウル駅+地下鉄・市庁駅」の総合切符も買えた。
しかし、ボタンを押す瞬間に、調べておいた時間と違うことに気づいた。
予定より10分遅い発車だ。待ち時間40分。
これなら、各駅のほうが早く着く・・・・
でも、直通のほうが乗り心地はいいので、良いことにする。

ソウル駅の到着は、地下7階。
長いエスカレーターを乗り継いで地上に出てから地下鉄へ。

この乗り換えに関しては、多くの方がブログに書いていたので参考になり、スムーズに行けた。
数か所、短い階段があったが、横にベルトコンベアがあるので荷物は助かる。
最近、乗り換え通路が改善されたので便利になったそうだ。
2018-10-16 21.44.31 
長いエスカレーター。乗ってからカメラを取り出して起動したので、実際はもっと長い。

地下鉄で1駅、市庁駅に到着。ここまでくればホテルは目の前だ。
電車から降りて、改札出口に向かったが・・・・・・
乗り換え通路のほうに入ってしまったらしい。別路線のカラーのところに来てしまった。
もとに戻ろう。

通路を延々と歩いているうちに、「地下街」を歩いている錯覚に陥ってしまい、脳は「すでに改札を出た」と、思い込んでしまった。
あっちへ行っても、こっちへ行っても改札機に阻まれ、困った。

ふと、左の手を見ると、切符を持っていることに気づき、「まだ中だった」と苦笑い。
改札機があって当たり前。これを通過すればいいのだ。
改札機をピッと出ようとしたら、ゲートが閉まる。
「どうして?」  駅員に声をかけようとしたが、駅員BOXにいない。
駅員が戻るのを待っていたら、「ドウシマシタ?」と声をかけてくれた女性。
彼女もカタコトの日本語ながら、一生懸命話を聞いてくれて、切符を車いす用のゲートにかざしたらゲートが開いて出られた。

もしかすると、私のかざし方が悪かったがだけかもしれない。(あとで同じことが)
言葉が通じないかもしれない旅人によくぞ声をかけてくれて助けてもらって大感激。
何度もお礼を言ってる間、彼女もニコニコして、私たちが立ち去るまで見送ってくれて、本当に感じのいい方だった。

「何番の出口でもいいからとにかく外に出よう」
と、上に上がったら、市役所前の広場。ホテルはすぐそこ。


 ホテル
10:20 ホテルに到着。受付の女性は日本語ペラペラ。
韓国は原則チップ不要だが、もし、万が一、ポーターが荷物を運んでくれちゃって、欲しそうなそぶりを見せたら渡したほうがいいと思い、5000w(約500円)をポチ袋に入れておいた。
でも、ポーターは付かず、自力で部屋へ。
29階の見晴らしのいい部屋。ソウルタワーが真正面に見える。

それにしてものどがカラカラ。6時のビール以降何も飲んでない。
ホテルのクチコミによると、「水は毎日もらえたが常温だった。冷蔵庫に入れておいてくれれば」と読んだ覚えがあった。

「冷えてないよね?」と思いつつ、冷蔵庫を開けたら、冷えてた!!!
1本一気飲み。
冷えてなければ、隣のコンビニに行こうかと思っていたので助かった。
必死に歩いたので汗だく。
今日の洋服は半日しか着てないので、明日も着ようと思ったがダメなレベル。
でも、クリーニングに出せるので、服が足りなくなることはない。

この日は、シャワーを浴びてすぐに寝た。

0

百済 扶余


 朝食
2018-10-17 06.10.01
 
7時にホテルを出発するので、レストランで食事をする時間はない。
6時には夫を起こさなくてはならないので、5時半にコンビニに行って食糧調達。
「オハヨウゴザイマス」と日本語で挨拶しながら入っていったけど、店員、ムスッと不愛想。
会計時も退店時も不愛想。日本とは違うのかな。


 扶余+公州(コンジュ)観光ツアー ( 世界遺産・百済歴史遺跡地区の史跡を探訪)
オプショナルツアー第一弾。
「ホテルのフロント前で待つように」との指示だけど、人が行き来してるから・・と、メモ帳に名前を書いて持っていたら、ガイドさんが見つけてくれた。
彼女も「そうしてくれてよかったです」と、お喜び。
今回は筆談もあるかと思い、メモ帳とサインペンは持ち歩いてた。
韓国語翻訳アプリも一応入れておいたけど、挨拶程度しか試してない。

今日の参加者は2人だけ。(昨日も1組あったそうな)
ソウルに向かう道路は大渋滞していたものの、地方へ行く道路は比較的すいている。
それでもドライバーは「罰金覚悟でバスレーンも走っちゃう」と。頻繁に車線変更をしてグイグイ進んで行った。


 宮南池 (百済時代に作られた韓国最古の人工池)

橋と東屋が素敵なところなのに、この霧。
2018-10-17 09.16.13 

2018-10-17 09.17.34 

2018-10-17 09.18.08 

2018-10-17 09.18.53 

2018-10-17 09.16.40 
テレビドラマのロケが行われるようで、機材を運び込んでた。
橋の上の赤い帽子はガイドさんで、その他の人々は、ほぼロケ隊。
東屋前の脚立もロケ準備。
霧で撮影が遅れたでしょうねぇ。
「王妃の品格」? というタイトルらしい。放送を楽しみに待とう。


 扶蘇山城

宮南池を出発したら、霧は晴れて、青空。
「100mの高さ登るけど大丈夫? いやなら、往復船でいく手もあるよ」とガイドさん。
「歩いたほうがおもしろそう」と、山登りコースへ。
往路は石畳がきれいに整えられていて歩きやすい。さわやかなハイキング気分。
2018-10-17 09.57.54 

 落花岩
2018-10-17 10.09.04 
百済が陥落した際、約3,000人の宮廷女官が扶蘇山の断崖・落花岩から白馬江に身を投げ貞操を守ったと言い伝えられており、彼女たちを追慕するため、落花岩の近くに六角亭・百花亭が建てられたそうだ。

ここからの下りは岩の道。
逆コースならきつかったでしょう。

 皐蘭寺
2018-10-17 10.21.45 

2018-10-17 10.22.34 

皐蘭寺裏手の岩の隙間から湧き出る薬水場を飲むと若返るとのこと1口飲んできた。

 皐蘭寺船着場 (遊覧船片道利用)
2018-10-17 11.23.51 
普通のボート船と、古風な帆船があり、船着き場で待つ人数によってどちらの船が出るか変わるらしい。私たちはボート船だったけど、おかげで帆船が見られた(笑)
逆光で真黒くなってしまったけど、【きれいに写ってる写真を見せてもらいましょう

先ほどガイドさんが言っていた「往復、船で」を選択すると、皐蘭寺しか見られなかったことになる。
船は、直線距離ではすぐ近くだが、Cの字を描くように大回り。
hune.png 
落下岩、百花亭は山の上



 定林寺跡訪問(創建当初のものと言われる五重石塔)

入口門
2018-10-17 11.39.13 

2018-10-17 11.41.38 


2018-10-17 11.45.58 

2018-10-17 11.47.56 


 博物館
昼食まで時間ができてしまったので、予定外の博物館に寄ってくれた。(入館無料)
百済の遺物などを展示。
香炉】がメイン展示物。神秘的だったよー。

ペットボトルの水を飲みほしたので、自販機を探していたらウオーターサーバーを発見。水を飲んでいたら、ガイドさんが「空のボトルに入れていきなさい」というので、500ccもらっちゃいました。


 昼食 (蓮の葉サムパプ)
蓮の葉包みご飯がメインなのだけど、おかずの種類がすごい!!
更に、ガイドさんのお勧めで、ブルコギも注文することに。
冷たい麦茶をボトルで置いてくれたので、水分的には困らなかったけれど、ビールも欲しかった。
でも、恥ずかしくて言えなかった。
でもでも、食べ終わるころに、ガイドさんが、様子を見に来て、「普段、ビールは飲まないの?」という。 恥ずかしがらずに頼めばよかった。
2018-10-17 12.46.05 

2018-10-17 12.44.23 

2018-10-17 12.47.42 
蓮の葉に包まれたもち米ご飯。
中身の写真は小さめで。。。。
2018-10-17 12.48.56 


 武寧(ムリョン)王陵
2018-10-17 14.00.23 

 公山城(コンサンソン)
2018-10-17 14.41.37 

2018-10-17 14.43.52 

2018-10-17 14.45.42 

 ホテル帰着
5時前に帰着

 夕食
徒歩で明洞の焼き肉店へ。
前回泊まったホテルのすぐ近くなので、すぐに分かった。
明豚家=1500円で食べ放題。ビュッフェタイプ。

2018-10-17 17.45.09

これを食べたあとにいくらでもお替りができるのだけど、これだけでおなかいっぱいで、薄切りを少し持ってきただけ。
基本、セルフ焼きなのだけど、店員も見ていられなかったのか、切ったりひっくり返したりしてくれた。

2018-10-17 17.45.16
私は、トッポギもいっぱい食べちゃったな。
肉、野菜、サイドメニュー食べ放題で、1500円ですよー。
肉質も悪くないと思う。
絶対に混雑してると思ったから、予約代行サイトに申し込んでおいた。
でも「この店は2人では予約不可」との返事。
大丈夫だろうか・・・と行ったら半分程度しか席は埋まっていなかった。

安くておいしいので、次回もここに行こう。 

0

江原道


 朝食
今日もコンビニで食糧調達。
昨日とは違う店に行ってみたけど、やはり不愛想なおっさんだった。
韓国のりまきを食べてみたかったので、売っててよかったー。
味はおいしいけど、ご飯が固いかも。
2018-10-18 06.29.00 

 伝統市場体験&江原道『原州&春川』日帰りツアー
現地オプションツアー第2弾
混載タイプと、専用車タイプのコースがあったけど、安いほうの混載に申し込み。
隣のロッテホテルに8時集合。
今日の参加者は私たちだけ。混載料金で専用車。

ドライバーは若くてイケメン。ガイドさんも若くてさわやかな人。
ガ「韓国は何回目?」
の「2回目。近くの空港から韓国便が出たので来たの。茨城空港という所で・・・」
ガ「知ってますよ。また茨城から飛ぶようになったのですね。茨城空港ができたときアシアナが飛びましたね。あの時、韓国のPRに行って、通訳の仕事をしました。今日は茨城からのお客様と聞いてうれしく思いました」

おおぉぉぉ、茨城空港開港時に橋渡しをしてくれた方にお会いできるなんて!!


クセのない日本語を話すので、聞いてみたら、日本に何年か住んでいたとのこと、納得。


 原州迷路市場(原州中央市場)体験

街全体が市場。どの道に入っても商品がいっぱい。
時間帯が悪いのか、人通りは少ない。
2018-10-18 09.56.27 

2018-10-18 09.57.20 
2018-10-18 10.02.59 

2018-10-18 10.01.57 


 原州レールパークにてレールバイク体験

これに乗って、廃線のレールの上をペダルこぎこぎ
2018-10-18 10.56.03  

この俳優は、ご存じ、朱蒙を演じた ソン・イルグクさん。
3つ児のお子さんをつれてきた時の写真だそうです。
2018-10-18 10.59.08 


この開放的な列車に乗ってスタート地点に向かう。20分。
2018-10-18 11.02.49 

2018-10-18 11.54.03 
紅葉の絶景の中を疾走。40分。
緩い下り坂なのでペダルは軽い。


2018-10-18 11.44.00 
わー、きれい。





 昼食:タッカルビ

鶏肉と野菜を炒め、サンチェに包んで食べる。
2018-10-18 13.24.23 

半分食べたら、ご飯を混ぜて炒める。これもおいしい。
今日は最初からビール注文しましたよ。

2018-10-18 13.45.37 


2018-10-18 13.19.22 
ここは、春川(チュンチョン)冬ソナの聖地。
この通りが、2人が待ち合わせをしたところ。
チュンさんが事故にあって来られなくなったシーンを撮ったところらしいよ。
チェジウの大ファンの夫は並んで撮った。


 春川浪漫市場体験(春川中央市場)体験
こちらは、普通の商店街という感じ。

 プチスランス観光:
『星から来たあなた』、『シークレット・ガーデン』など人気ドラマのロケ地
DSC_0017.jpg

DSC_0026.jpg

DSC_0028.jpg

InkedDSC_0029_LI.jpg 
シークレットガーデンを見た方は、このジャージわかりますね。
夫をはめ込んでみました(笑)


 ホテル帰着

 夕食
昨日はお肉で、今日は海鮮。
ホテル近くの、チョガビに行ってみた。
事前調査のクチコミでは、「良い」と「悪い」が極端。
どうしようか迷ったけど、食べてみたいのでGo。

「貝焼き」と「貝蒸し」どちらにしよう?
焼いたときのにおいを想像して「焼き」を注文。
大皿で運ばれてきてびっくり。
店員がすべてやってくれる。

DSC_0038.jpg


DSC_0037.jpg

貝の上にいろいろ乗っていたり、途中まで焼けたものをチーズの鍋に入れてしまうので、貝そのものの味がわからないかも。
質素に焼いて醤油でもかけたほうがおいしいかも。

DSC_0040.jpg
大きな海鮮チヂミ。
途中で苦しくなってきたけど、全量摂取。
瓶ビールを頼んでから生があることに気づいた。よく観察すればよかった~

0

第3トンネル


 朝食
今日もコンビニ朝食。
今朝は、昨日おとといとは違う店に行ってみたが、扉が開かなかった。
電気は点いているので、一時的な不在かな?
なぜ、コンビニはしごをするのかというと、交通カード(日本でいうSuica)が欲しかったから。
コンビニで買えばチャージしてくれるとのこと、3軒を回ってみたけど、カード販売のマークが見当たらない。(3軒目は不在だし)

仕方ないので、昨日の店で食糧調達。
入店時、挨拶してもおっさんは相変わらず不愛想。
買い物中、バックヤードのほうに入っていったけど、私がレジに行っても出てくる気配がない。
何度も大声で呼んで、やっと出てきたけど(呼び方がわからないので、「オネガイシマース」)
持ち逃げできる時間が充分すぎるほどあったわよ。アブナイよー。

餅菓子がおいしいとのうわさを聞いたので、一つ買ってみた。うん、おいしい。
2018-10-19 06.35.16 

 第3トンネル見学ツアー 半日コース
当初は、今日のコース+板門店に立ち寄るコースに行こうかと思っていたが、板門店を回ると、2時間程度の延長で1万ほど高くついてしまう。
更に、板門店で行事がある日はツアーは中止。(この日も中止になったらしい)
3時ころ帰って、夕方のイベント(ショー鑑賞や夜景ツアー)に行ったほうが面白いと思い、ショートコースを予約しておいた。

このツアーの事務所は、私たちのホテル内なので、集合場所は、超近い。
参加者も多国籍。
バス前方に日本人 後方に英語版のお客さん。
ガイドさんは交代でアナウンス。
非武装地帯に入るとき、出るときはパスポートチェックがある。

 臨津閣切符売り場到着
臨津閣の大事な部分の写真を撮り損ねたのだけど、ここは、北側との離散家庭や、北にお墓があるような家庭が、お盆等にお供えを供えて、お参りするところ。
これ】がその場所。

しかし、人が集まる所ということで、次第ににぎやかになり、遊園地の遊具が置かれたりイベントも開催される。
「明日から人参祭り」とのこと、駐車場にはカラフルなテントが無数に張られてた。
狭くなった駐車場に大型バスがたっくさん。
駐車枠の外に止めるバスもあるので、外に出られない車もあるほど。

私はトイレに行きたかったので、途中でガイドさんの説明も聞かずトイレに向かったが大行列。
バスに戻った時1分遅刻して、謝罪しながら席に着いたけど、最後じゃなくてホッ。


自由の橋
捕虜1万3000人余りが橋を渡って南に帰還する際、「自由万歳」と叫んだことから、「自由の橋」と呼ばれる。

かわいい憲兵くんが見張りをしている。
2018-10-19 09.19.14 

当時の機関車をそのまま展示
2018-10-19 09.24.07 

平和を祈るリボン
2018-10-19 09.24.50 


 第3トンネル見学
まずは映像で情勢の説明。
日本人には、日本語アナウンスのヘッドフォンを貸してくれる。
北側が韓国を攻めるための掘ったらしい。

トンネル内は撮影禁止。
青いヘルメットをかぶってトロッコで300m下り。徒歩で北側ギリギリのところまで行ける。
トロッコの予約をとれなかった人は、徒歩で下まで降りるとか。(黄色ヘルメット)

これは南北統一を願うモニュメント
2018-10-19 11.15.53 

 都羅展望台観覧
旅行前に下調べをしたときは、憲兵さんが目を光らせ、撮影規制線を守ったり規則がいろいろあったようだが、今は憲兵さんは居ず、北側も自由に写せるそうだ。
なので、しっかり写してきた。



憲兵さんは人間じゃなく、看板になっていた。
Inked2018-10-19 11.34.33_LI 

建物の塗装も変更になったかな? 以前と違う?
「分裂的終点 統一的起点 分断の終わり」 いいですね。
2018-10-19 11.35.02 



 都羅(トラ)山駅見学

北と行き来できるように作られた
2018-10-19 11.57.29 
 

2018-10-19 12.01.45
 
北とつながれば、韓国からヨーロッパまで行ける。


国際駅として稼働できるように準備されている。税関。
2018-10-19 12.07.07 

 統一村
統一村のお土産屋さんで買った、DMZブランドのチョコレート
南北統一したら、もう買えないかもー。
レジに並んで、いざお会計というときに、ガイドさんが、「ここは利益目的の店じゃないので、袋はもらわないで」とのこと。
11個を2人で分担して持つ。
2018-10-21 08.33.05 
  

 臨津閣で昼食(プルコギ定食)
もちろん、ビールは注文。
「おかずのお代わりは何回でもどうぞ」とのこと、ワゴンが私の席のすぐ横だったので、キムチは5回お代わり。
2018-10-19 13.01.45 

 ホテル帰着
私たちのホテルに到着なのでありがたい。
チョコを部屋に置いてすぐに出発。
鐘路3街へショーを見に行くの。

 地下鉄移動
市庁駅で交通カードを探したけれどわからない。(見落としていた)
仕方がないので1回用切符を買おうとしたが、50000w札しかない。
券売機では使えないので、近くの店で靴下2足買ってお金を崩す。
上り線、下り線を間違えないように入場、移動。

しかし、出口でピッとすると扉があかない。
駅員が気づいて切符を確認してくれたが、問題なく「出ていいよ」と合図してくれる。
改札を出たところで、交通カードの自販機を見つけた。

 鐘路周辺散策
ショーの受付でチケットを受け取った後、駅に戻って交通カードを買ってチャージも成功。
youtubeでチャージ方法を勉強しておいてよかった。
これでスムーズに乗れるはず。

まだ時間があるので付近を散策したかったが、疲れたのでロビーで座ってしまった。


 ペインターズ HERO 鑑賞
4人の男性によるお絵描きのショー。
描く技術に感動し、笑わせる技術もすごいすごい。
すごいスピードで劇画調の絵を描いたり、4人バラバラで描いたものを合わせると1枚の絵になったり、黒いキャンバスに糊で描いて、粉で完成させたり、ダンスしながら描いたり、観客を巻き込んで笑いのコーナーがあったり、見ごたえあったー。
DSC_0041.jpg
終演後に撮影許可

 夕食
劇場のすぐ横に「クルポッサム通り」があり、食べてみようかなと思った。
クルポッサムとは、「生牡蛎、ゆで豚、キムチ」を葉っぱで巻いて食べるもの。
皆さんのブログを読むと、すごくおいしいという意見と、当たってしまって大変だった。という意見がある。
今回は保険に入ってないし、明日、飛行機に乗るときにピーじゃ困るし。。。。。

やめておいて、ロッテデパートのレストラン街で参鶏湯を食べ、地下1階でお買い物。
181019_185618_00001613.jpg


グツグツ 

0

仁川周辺

 朝食
今日はゆっくりできるので、7時にレストランで朝食。
写真は2人分
手前2皿が私の。
DSC_0043-946638670901349744.jpg 


 チェックアウト
スーツケースと手提げバッグを持って、「忘れ物は無いね。さあ行こうか」
部屋を出てドアをカチャン。
「あーっ、キーを忘れた。最後に手で持とうと思ったので、テレビのところに置いたまま」

とにかくフロントに行こう。
スペアキーを借りて取ってきた。
滞在中はすっごく気を付けていたのに、最後の最後にやっちゃった。

ホテルを出て、地下鉄駅へ。
交通カードをピッ。扉があかない。
な、な、なぜ?
裏返しでピッ 開いた。
今まで改札でうまくいかなかったのは、カードの向き?
ソウル駅では大丈夫だった。


 ソウル駅

ソウル駅で、飛行機のチェックインと出国審査ができ、荷物もここで預けてしまうことができる。
これはすごいシステムだ。手続きは地下2階。

先に直通列車の切符を買わなくてはならないが、列車の発車時刻をどうしよう?
8:50 か 9:30
8:50まであと30分。間に合うだろうか、イチかバチか早いほうを選択。
2枚で19000w
切符自体は18000wだけど保証金が含まれるので19000w
財布の中にはぴったり19000w 足りてよかった。
有人窓口に大勢並んでいたけど、クレジットカードで買いたい人なのかも。
(割引用のクーポンを持っている人も窓口購入)

航空会社のカウンターでチケットをもらい、荷物を預ける。
出国審査は誰も並んでいなくて、「ほんとにここでいいの?」と恐る恐る入室。
飛行機のチケットに出国スタンプと、空港行き電車の切符購入済スタンプが押された。

DSC_0057.jpg 

でも、この航空会社、半券の大きいほうを会社で取って、小さいほうを乗客にくれる。
つまり、出国スタンプが手元に残らない。
なので写しておいた。

事前調査では、「出国審査が済んだら下に降りて、列車に乗る」と、読んでいたので、目の前のエスカレーターで地下3階に降りて、改札口へ。
ピッ・・開かない。 キョロキョロ
違った。空港行きは地下3階の訳がない。
エレベーターで地下7階に降りて列車に乗る。


 リニアで龍遊へ

空港に到着して、すぐ上の階からリニアモノレールに乗ってみる。
無料で12分の旅ができるのだ。
有料を前提として作られたが、トラブルが相次ぎ、現時点では無料。
改札機、タッチ部分にも「Free」
DSC_0047.jpg 

黄色い車体の2両編成


DSC_0053.jpg 

終点の龍遊駅。途中のパラダイスシティで降りた人が多く終点まで行った人は少ない。
DSC_0051.jpg 

駅前には海鮮食堂が並んでいるが、誰もいない。
10分ほど歩いて、戻ることに。
DSC_0050.jpg


 空港
ソウル駅で出国手続きを済ませた人は、通常のゲートに並ばず、乗務員通路から入場できるとのことだが、それがどこにあるのかわからない。
スマホでググるとちょうどその写真が出てきたので、案内所でそれを見せながら聞いてみた。
「保安検査は、〇番から、△番までどこの入り口から入ってもいいんですよ」
「そ、そ、そうですか」
仕方がない、普通に並ぶか・・・

と、列の最後尾についたら、すぐ横の小さな入り口から乗務員ご一行が入っていった。
スマホの写真とは違うが似ている。
「ここか?!」と、係員にチケットを見せたら、「どうぞ」と、すぐに保安検査が受けられた。
出国審査も済んでいるのでスムーズに中へ。

時間はたっぷりあるので、行ってみたい場所がある。
無料体験館に行ってみよう。日替わりメニューで韓国素材の工作ができるらしい。
このページ】の中ほどにサンプルがあるけど、かわいい小物を作れるとのこと。
行ってみたら席も空いてるし、受付をしようとしたら、夫が「やりたくない」という。
「面白そうなのにぃ」と、ブツブツ言いながら、搭乗棟(コンコース)へ移動。

では、お昼を・・・と思ったが、こちらの棟は軽食ばかり?
本館のレストラン街で食べてくればよかったか。
コンコース端っこのダンキンドーナツで買って軽く済ませる。
飲み物は冷蔵棚にあるのに、冷えてなかった。

まだまだ時間はたっぷり。
窓際に座って、離着陸を眺める。
離陸待ち渋滞で5機が並んだ時、夫はうれしくてはしゃいでた。

 機内
復路も最後尾席に2人なので、らくちん。
天気が良いので、下界がよく見えていたが、日本上空に入ってから雲が広がり、見えなくなってしまった。富士山も見つけられない。


 茨城空港
4時に着陸。飛行機から降りたのは、ほぼ最後。
入国審査+荷物受け取り+税関・荷物申告+トイレ+駐車場へ=4時30分 空港出発
途中で買い物をしたので、5時36分帰宅。


タイムラインを確認すると、韓国での足跡がしっかり記録が残ってた。
国境線の足跡も残ってる。
詳細を確認すると、食事した店の名前まで(滞在時間も)記録されてた!!
kankokuryoku.png 

帰宅後は、洗濯機を3回回して干す作業~~~

 まとめ

3日間まるまる観光できたので、充実感たっぷり。
皆さんのブログや、コネストの記事で情報を仕入れることができ、大いに参考になった。
地下鉄や空港鉄道も自力で乗れるようになり自信がついた。
飛行機代+ホテル代は安い。現地観光も工夫次第で安く上がるはず。
また行こう。

このカテゴリーに該当する記事はありません。