アクセス解析
カウンター
奈良・高野山(幻) - あっちこっち行きたい
FC2ブログ

あっちこっち行きたい

足腰が丈夫なうちに旅行をするのよ~
2

奈良・高野山(幻)

昨年末に、3月1日出発の「奈良・高野山」のツアーに申し込んだ。
私が申し込み完了すると同時に、「お問い合わせ多数」の表示になった。
どんどん申し込んでいるのねー。

二月堂のお水取り、阿修羅像、唐招提寺の千手観音等が楽しみだ。
でも、調べて行くうちに、「二月堂では、寒さに震えて場所取り。混雑で動けない」 「那智大社の400段の石段」など、気になる点も出てきた。
でも、階段、山道は登れるうちに参加しておこう。

ところが、夫が1月下旬に手首を骨折。
出発日にギプスがはずれていたとしても、混雑や長い石段はキツイだろう。
ビュッフェのお盆も持てないか? (お盆カートがある?)
今回はあきらめよう。

2月1日の時点で、催行決定になっていない。
キャンセルボタンを押した。
すると、その瞬間、「催行中止」の表示に。
我が家のキャンセルで、催行不可能の人数になったのかな?
中止の連絡が来なかったので、こちらのキャンセルが先だったのでしょう。

さて、出発予定だった3月1日。
夫は、ギプスはとれたものの、副木固定継続中。
天気は、春の嵐で暴風雨。

中止になってよかったかも


該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

omachi says...""
奈良旅行の前にお読み下さればきっと関心が高まることでしょう。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説「北円堂の秘密」を知ってますか。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索すればヒットし、小一時間で読めます。その1からラストまで無料です。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレに最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。
夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない方が多いですね。岡潔が後半生を暮らした奈良が舞台の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。
東大寺・毘盧遮那仏を造立した聖武天皇の外祖父が登場します。
2018.03.06 19:46 | URL | #- [edit]
のりべえ says...""
omachi様、コメントありがとうございます。
当初の予定では、ツアー初日に、唐招提寺、興福寺、修二会セミナーを廻るコースでした。
お松明はこの期間にしか見られないので、期待していましたし、大仏様にご挨拶する時間もあるかなと楽しみでした。

夫の怪我が完治しましたら、また計画をたててみたいと思います。
その小説も読んでみたいと思います。
2018.03.06 20:01 | URL | #HuBhO90w [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する