アクセス解析
カウンター
2日目 - あっちこっち行きたい

あっちこっち行きたい

足腰が丈夫なうちに旅行をするのよ~
2

2日目

本日の行程
稚内観光 → 利尻島泊
risiri2a.png

稚内部分拡大
risiri2b.png



 朝食
20180613081400758.jpg
朝食はおかずがいっぱいあって、ごはんおかわりしちゃった。

出発が9時半とゆっくりなので、コンビニ(400m)まで合羽を買いに行こうかと思った。
今日も風雨の強い所に行くとのことだが、ポンチョ合羽は使い物にならない。1枚は破れたし・・
朝食会場横に小さな小さな売店。何の気なしに足を踏み入れたら、合羽が売ってた!
雨の中、買いに行くこともなく、良かったー。

そのあと、添乗員さんがフロントで「ツインが〇部屋で・・・」と、打ち合わせをしている姿が見えた。予約をしているかのような口ぶりだ。何で???

【 ピンチ その2 】 
バスに乗り込む前に、添乗員さんからとんでもない連絡が。
「今日は朝の便からフェリーが欠航しています。私たちが乗る夕方の便もどうなるかわかりません。もし、欠航なら、今晩も稚内泊で、またここのホテルに泊まり、明日の早朝便で利尻に渡ります。その場合、5時半朝食で6時半出発です」
ああ、このことだったのか。
夏場の欠航はめったにないことなのに。

 北海道遺産・宗谷丘陵 (車窓から)
201806132038029a2.jpg 
なだらかな丘の緑。
晴れてたら綺麗だろうな~

 宗谷岬(日本最北端)
20180613203551320.jpg 

お散歩記録アプリを起動して、この塔の後ろ側を歩いてから売店方向へ。
最北端の足跡だよー。
ホントは、円を描いてるはずだけど、GPS反応が悪かったみたい。
so-yamisaki.png 

売店へ向かう時、前を歩く人を撮影。風の強さがわかるでしょう。
本当に飛ばされそう。
2018-06-13 10.30.34


 北防波堤ドーム
(北海道遺産。宗谷湾を望む北埠頭のシンボル)
201806132037134d9.jpg 

 北市場(ホタテ御膳の昼食)
20180613203854605.jpg 

昼食のあと、すぐ隣の稚内駅を見学。
2018-06-13 12.22.46 

2018-06-13 12.42.02 


 稚内市開基百年記念塔・北方記念館
(稚内の歴史や自然、資料展示。宗谷海峡を見渡せる展望塔からは360度パノラマが広がる)
1階2階が資料展示館で、エレベーターで70mあがると展望台。
山の高さ240mと合わせると、300m越えの展望所
雨と霧でこの景色。
2018-06-13 13.06.03    


 稚内公園・氷雪の門(天気が良ければサハリンの島影が浮び上がる)
ここも雨風でまともに歩けず、バスから降りない人も。。。
20180613204142cac.jpg 

2018-06-13 13.55.40 
氷雪の門」の傍らに、小さな石碑がある。昭和20年8月20日、樺太の真岡電話局で、9名の若い女性電話交換手が、迫りくる戦火の中、崇高な使命感のもとに職務をまっとうし、ついに青酸カリで自決した事実を知らせる慰霊碑

 ノシャップ岬(利尻富士の眺望)-
(もし、晴れてたらこんな景色

20180613204434f64.jpg 

さあ、ここで稚内観光は終了。
この後はどうなるのでしょう?

島へ渡るフェリーは、最終便のみ出ることになった模様。
しかし、欠航便で渡ろうとしていた人々々々々が・・・・・
この便に乗ると言うことで・・・・
大混雑が予想されるわけで・・・
出航一時間以上前から乗船口に並ぶことに。

でも、この待ち時間の世間話で、仲良しになった人たちも多いみたい。

 稚内港~~<ハートランドフェリー>~~利尻島・鴛泊港
この船は昨夜と同じなので、お座敷タイプ。乗船時のアナウンスも「横にならず座って。詰めて」としきりに言っている。
私たちも添乗員さんに続いてなだれ込み、「こっちこっち」と、誘導された。
ちょっと死角にある小部屋。まだだれも入っていない状態の所を見つけてくれた。
当ツアーの2等利用の人はほとんどここに入った模様。(一部の人は、急きょ1等へ変更)
足を伸ばして座ることができた。
皆、壁に寄りかかって座っているので、部屋の中央は空いてたし。
でも、入り口付近に座ってしまった人がいて出入りしにくいの。
売店に行きつつ、wifiのパスを調べに行きたかったけど、断念。
いや、ここでタブレットを操作したら酔ってただろうね。

大座敷の方は、ぎゅうぎゅう詰めで、廊下に座ってる人たちもいたらしい。
あの待合室にいた人数では、全員座れないはず・・・
甲板にも椅子はあるけど、この風雨じゃ出られないでしょう。
波は高いので、大揺れ。
当ツアーの皆さんは元気な状態で上陸

 利尻島内「利尻富士観光ホテル」
ホテルは港のすぐ近く。徒歩で行く予定だったので、皆さん雨合羽を着て準備。
でも、マイクロバスが来てくれた。
ピストン輸送ということだったが、数人が歩いたため残りは乗車。スーツケースを抱っこして。

到着してすぐに夕飯。
写真じゃわからないけれど、ホタテの刺身が大きくてみんなでビックリの声を上げてた。
2018061320492334d.jpg 
他に帆立御飯や、甘いデザートも。

部屋は和室で港が良く見えた。(翌朝撮影)
2018-06-14 07.18.51 
 

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

かすみそう says...""
いやー、大変な日程になっちゃいましたね。
雨の中、お疲れ様でした。
でもたしか・・のりさんって北海道出身でしたよね?
久し振りの北海道の地は(と言っても広いから・・)いかがですか?
2018.07.08 10:11 | URL | #kcwt/6lg [edit]
のりべえ says...""
>久し振りの北海道の地は<
私が住んでいたのは、炭坑の地域、山の中。
年に1回の海水浴が楽しみだったのよー。
稚内は行ったことなかったのでぜひ行きたかった。

利尻礼文は、すっごいきれいだったので、もう一度行きたかったの。
でも、今回のリベンジとして、もう一度行きたいねー。
2018.07.08 19:31 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。